■ ビバ! システィーナ

c0067706_19251656.jpg


野心的で楽しい
歌舞伎という枠の巾を大きく広げる舞台やったなぁ...
エンディング こんなに熱心に拍手したのは久しぶり
いい舞台を観せてもらえ 徳島まで来たかいがありました!

早いもので 三回目を迎えた大塚国際美術館の「システィーナ歌舞伎」
初回は一昨年 もの珍しさもあって 楽しめた
二回目の昨年は斬新すぎて付いて行けなかった(いや ある意味面白くなかった)
今回 もし愛之助が出ていなければ チケットを買ったかどうか...

「GOEMON 石川五右衛門」
舞台がいい感じ
中央に舞台があって その四方を客席が囲んでいる
あらすじだけを読んでいると 面白くともなんともなさそうなんだけど
芝居と演出がいい
いい加減な時代考証と突飛な飛躍が許される(というか疑問を持たれない)というのが
歌舞伎である所以なんだなぁ きっと
第一部が少々長くて退屈 撃沈しかかったけど
第二部に入って 俄然とテンポが良くなった
(この外題で再演すればもっともっといい舞台になるとおもうけどな)

上村吉太郎 中村壱太郎という若い二人がいい
それに 吉弥さんもいいね
改めて思ったのが やっぱり“華”が必要
脇だけでは面白くともなんともないんや
そんな意味では 出てくるだけじゃないけど 愛之助の存在はデカイ!
(この役を 薪車さんが演じても絵にならんしなぁ... 難しい!)

一番安い自由席だったけど
今まで一番観易いいい席だった
正面裏 下手の最高列だけど 花道(?)のすぐ横
愛之助と壱太郎のステップには
袖(?)から當十郎さんが出てきて 盛んに掛け声をかけていらっしゃいました
(相当お稽古したんでしょうね)

この器 このメンバー そしてこの日程だから実現できたんでしょうね
やっぱりな
来年も行くことにします システィーナ歌舞伎!

※主催者のひとつ 徳島新聞の記事
※いつまで読めるかな asahi.comの記事(なんと動画付き!)
こっちの写真もいいです!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 顔見世発売 ■ 久しぶりに晴れた土曜 >>