■ サザンカが咲く朝

c0067706_20344998.jpg


忙しくても 落ち込んでいても ヘロヘロでも
なぜか ちゃんと本だけは読んでます(なんでかなぁ?)

「水の時計」(初野晴 角川文庫 ISBN:4048793012)
最初は違和感が大きくて
なんやこの高校生風情(ふぜい)で...と思っていたけど
破綻することなく そこそこ読ませてくれる
そもそもこのお話しを読もうと思ったのも この書き手さんの別のお話しを読もうとおもったからだったか...
読み手としてではなく 書き手として考えれば
こんなお話しをアタマの中で紡ぎだすのはすごいことだなぁ!
臓器移植 ボクもドナーとして登録しなくっちゃ
まぁ こんなボロボロなボクに臓器でもいいんやったら やけどね

このところ
新古書店さんのアタリがいい
欲しかった(読みたかった)本といい感じで出合えてます
これは 浅草と上野の間にあるブックオフでみつけました
「よろずのことに気をつけよ」(川瀬七緒 講談社 ISBN:9784062171434)
江戸川乱歩賞の受賞作ですね
それじゃなかったとしても タイトルがいいね
数ページすすんだだけで グイグイと引き込まれる いいなぁ...
「呪術符」ってなんじゃらほいと思いながらも ページを繰る手が止まりませんな
後半に入って やや読み疲れてしまったけど 次作が楽しみな書き手さんです
「完盗オンサイト」(玖村まゆみ 講談社 ISBN:9784062171328)も楽しみです!

もう1年以上前に 新大宮にあるブックオフで買ったまま積読になっていたのが
「三千枚の金貨(上下)」(宮本輝 光文社 ISBN:9784334927165)
そうか~
宮本輝のお話しだと なんの心配もなく安心して読めるや~!
グイグイとではないけれど
お話しの世界に身をゆだねられるんだ
勝手に想像していたお話しとは全然違ったけど それもいいよね
ボクならこんなエンディングにはしないだろうな
それは ひょっとしたら まだ ボクには“若さ”とか“性急さ”があるということなんかなぁ
安心して楽しませてもらったけど
もし これを新刊で買ってたら むむむと思っていたかもしれへんな...


外出が夕方に一件だけ
たまりにたまったデスクでの仕事をごにょごにょと済ませる
ずいぶんと気持ちも落ち着いてきました

妙に暖かい日が続いてるけど
拙宅のサザンカが咲く
季節は着実に進んでいるんだな

ふ~
ようやく今週もおしまいです
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 雨の但馬路 ■ ピクセンで昼寝 >>