■ 今シーズン終わる

チェックしていた天気予報どおり
昨夜遅くから降り出している
う~ 久しぶりにサンフレの応援へ駆け付けるのにどういうこっちゃ!

それでも
朝刊に目を通しているうちに どよよ~んとしているものの 雨上がる
よっしゃ!
自転車で小林のパンネルまでパンを買いに行こう!
今週は今を逃すともう自転車に乗るチャンスも無いしね
しかし
武庫川の河川敷を流しているのと全然ちゃうやんか!
熱心に漕いだからか 息も切れ切れ 湿度が高かったとはいえ全身汗びっしょり
そうか~ スピードと消費される熱量はかなり正比例するんやな
わずかな道のりだったのに 筋肉疲労も... アカンやん...

広島駅に着くなり 何故か 打合せの電話をこなして
お久しぶりです! 猿猴橋の「のん」 ソバダブル
そうそう このソバの食感とソースの味に飢えててん!
雨の予報だったので 屋根がある指定席を買っておいた
すると
キックオフの直前からは薄日が射し込んできた まぁ 雨中のゲームよりいい
さすがに セレッソ相手に3-0から逆転されるだけはある
チュンくんの虎の子を守りきれない
レイソルと較べて点差ほどサッカーの差があったとは思えないけど 数字的には完敗
むむむ...
ミキッチと山岸動けてなかった 横竹は精彩を欠いていてこわごわプレーしてたな
ただ トミッチとムジリが投入されてしばらくは 明らかにリズムが替わった
その間にゴールが生まれていたら面白いゲームになったのにな...
これで今季のサンフレの応援はおしまいかな?
(天皇杯勝ち進んでくれたらわからへんけど...)
なんかフラストレーションが溜まるだけのシーズンやったなぁ...


「プリズム」(百田尚樹 幻冬舎 ISBN:9784344020641)
いつもの叩きつけるような圧倒的な迫力が感じられない...
何か上手く表現できないけど物足りない
帯には「恋愛小説に挑戦」と書かれていたような気がするけど
このお話しは恋愛小説ではないよね
視点を置き換えれば もっともっと面白いお話しになったのにな
多重人格を取り上げながらも なんか“逃げ”を打ったように思えて仕方ありませんでした
惜しい!

「仕事をしたつもり」(海老原嗣生 星海社新書 ISBN:9784061385030)
ボク自身もふと思っている
もし もっと濃厚に仕事に取組めていたら
普通に過ごしている一日の仕事は数時間で終えることが出来るんではなかろうかと
実際にアイドリングタイムもものごっつい長いし やらずもがなの仕事は思えない業務も少なくない
それだけの集中力もないしね
この本に書かれていることが全てその通りとも思わないけど
若いのには「考えろ!」ということをこれからも伝えていきたい
久々に読んでいて「うんうん」とうなずいてしまいましたょ
若い人に読んでもらいたいですね かなりオススメ!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 東京で汗ばむ ■ 機山館 >>