■ 大鹿歌舞伎

c0067706_2221189.jpg


新聞を読んでいたら
大鹿歌舞伎が大盛況」ということだ
そうか~
すっかり忘れていたけど
夏前に拝見した原田芳雄の遺作「大鹿騒動記」の舞台だったんだなぁ
あの映画を観てすぐには この秋には大鹿まで公演を観に行こうと思っていたのに
すっかり忘れてた
もちろん 原田芳雄や岸辺一徳がいるわけではないけれど
あんな空間を一度は自分の目で観ておきたいと思ったんだった
調べてみると
10/30に追加公演が行われるそうです
行ってみたいけど 大鹿村ってどこにあるのかな?
思ったほど遠くなさそうだけど どうするかな
(でも ここまで遠いと 自転車で行こうとは思えないから 良かった!)


ひょっとしたら「新小岩パラダイス」なんて読んでいる場合ではないのとちゃうだろうか?
仁木英之の新刊「海遊記~義浄西征伝」(文藝春秋 ISBN:9784163299105)が先月から出てて気になってるし
今日 ちびっとアバンザのジュンク堂さんへ行くと
百田尚樹も「プリズム」(幻冬舎 ISBN:9784344020641)という新刊がドンっと出てて
「境遇」(湊かなえ 双葉社 ISBN:9784575237399)も“ドラマ化決定!”という帯を付けて積んである!
「仕事をしたつもり」(海老原嗣生 星海社新書 ISBN:9784061385030)
これって聞いたこと無い版元やけど 講談社の100%出資の会社みたいですね
この「仕事を~」は 先日 哲くんが云ってた本かな?(一応読んでみたいリストに載せておきます)
う~
どれから読もうかなぁ... と思いつつ
「プリズム」を帰宅途中にさっそく購入してしまいました
この週末は移動が多いから重たくない文庫も調達しないとね
「楊令伝」の続きがもうすぐ出るしなぁ...


しばらくぶりに ちびっと振り返ってみると...
いっこも当たってないけどね
10月は9日と10日に連続して発売がありました
しかし コンスタントに12億近く売れてるのは「凄い」の一言!
9/25 23回目
1,397,316,700円(13億9,700万円)
5人気⇒4⇒8⇒1⇒1 378,160円
10/2 24回目
1,197,773,600円(11億9,700万円)
1人気⇒1⇒4⇒2⇒3 163,970円
10/9 25回目
1,116,564,100円(11億1,600万円)
2人気⇒2⇒5⇒1⇒1 66,800円
10/10 26回目
904,266,900円(9億4,200万円)
2人気⇒5⇒1⇒1⇒3 377,890円
10/16 27回目
1,206,751,900円(12億0,600万円)
3人気⇒6⇒1⇒5⇒2 1,223,330円

うどんも食べてます
血糖値あがってるなぁ
長堀橋と堺筋本町のあいだにある
23番札所の「七弐八製麺」で“Aランチ・鶏天ぶっかけセット”
オフィス街にあって 周辺から親しまれてますなぁ
東三国と新大阪のあいだにある
38番札所の「熟成うどん なかや」“鶏唐ぶっかけ”
うどんもうまいがカラアゲも旨い!
これで21店制覇
いやはや ほんまに行きにくいところばかり残ってます はい
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-17 22:03 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 心がウキウキ ■ タイム伸びず >>