■ おうどん

c0067706_754888.jpg


“巡礼”に参加して スタンプを集めているわけではないけど
少々意地になってるのかなぁ
何軒かうどん屋さんへ行ってきました
(おかげで 長居の「一心」へ行けません...)

奈良からの帰り
この日は火曜だったので学園前の札所は定休日で残念!
難波(OCATの方)にある
24番札所の「JUN大谷製麺処」で“トマちく天ぶっかけ”
う~ トマトをまるごと天ぷらにしてしまうとは!
もうずいぶん前に高松の“竹清”でゆで卵の天ぷらをみたときの“驚愕”に匹敵!
食感もお味そのものも 実はなかなかイケる
うどんもだしも美味しかったです はい

阪神尼崎へダッシュで寄る
15番札所の「本格さぬきうどん 穂乃香」で“冷やおろし”+卵の天ぷらとおむすび
今までで一番庶民的で かつ香川のうどん屋さんのテイスト
(もちろん 出汁はしっかり関西風に美味しく仕上がってます!)
とにかく お腹が一杯になりますね!

度々 滋賀へ行くこともないので 音羽山を歩く前に瀬田へ向かう
5番札所の「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」で“梅わかめ”のざるをいただきました
よ~く流行っています 美しいおうどんで美味しいです
活気があって気持ち良く しかも感じ良いお店
温かいおうどんだと巨大な器で出てきます
この丼(?)で食べるだけでも価値があるかな?

大津からの帰り道
ふと思い立って高槻で途中下車
番外の「巣づくり」で“梅わかめぶっかけ”
なんだか面白いお店の名前ですね なんか由来があるのかな?
誰もお客さんがいなくて 淋しかったけど まずまず
他のメニューがいいのかもしれません

せっかく京都に来たので
8番札所の「手打ちうどん 山元麺蔵」で“牛と茄子のつけ麺”+ゴボウの天ぷら
何をびっくりするって
15時前という食事には変てこな時間だったのに お店の前には行列!
20人は並んでたかな
やや怯んでしまったけど
次に京都へお邪魔するのは下手すると師走の顔見世の可能性大 列の最後尾へ...
結局 うどんにありつくまで1時間半
ちょっと変っていて 確かに美味しかったけど
そこまで値打ちがあるのかどうかは やや疑問かな?
(なんだかお昼ご飯のコーナーみたいになってしまいました...)
しかし 我ながら1時間半も待てるもんやねんなぁ と妙に感心してしまいました


ちょっといやな気分になったこともあった
テーブルでおうどんが来るのを待っていた
相席で向かいに座るカップル もう食べ終えようとしていた
「ダシが辛いだけだね~」とかなんとか聞こえるような声でぶつくさ
「駐車場代とあわせてエライ出費や」とまでおっしゃる
どう思ってもいいけど
自分の意思でここまで来たんだし
いろいろ思うところがあるのなら 自分たちだけでお話ししてよ!
そんなカップルに限って 巡礼のスタンプ集めてる
(おまけに 一度帰ってから戻って来て「ハンコ抜けてます!」とごっつい高圧的なものの言い方)
なんだか
げんなりしちゃった...
(客商売とはいえ お店の人も大変やなぁ... と同情する)

そんなこんなも乗り越えて
うどん屋さんへ懲りずに行ってきま~す!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 味噌汁 ■ 南座初日 >>