■ 森ノ宮

早いもので
秋の仁川開催 この週末でおしまい
開幕週には暑くてエアコンの効いたスタンドへ“避暑”に行ってたのに
今では上着が必要なほど
ほんと 秋は駆け足でやって来るもんです

セッカチクイーン号
調べてみたら もう登録抹消されてる
地方へ行ったのか繁殖に上がったのか
せっかちに消えていってしまった...
三歳未勝利は淋しいものですね


若いのを二人連れて飲みに行く
梅田やその両隣の福島や天満はいつでも行けるので 森ノ宮
いやはや 木曜の夜だからなのかいつものことなのか
どこもかしこもよく空いていて まぁ 景気は良くないのね
環状線の東半分
天満 京橋 鶴橋 このあたりは乗換えもあって飲み屋街も大きく いつも人でいっぱいだけど
桜ノ宮 森ノ宮 玉造 桃谷 寺田町あたりは地味やもんなぁ... (大阪城公園は駅前にな~んにもないしね)
このあたりにも人があふれ出すと 景気も戻ってきた証拠なのかな
だとすれば まだまだやなぁ...

若いのの一人はハートの問題があってしばらくお休みしていたけど
しばらくぶりに復帰してきた そのお祝い
問わず語りにいろいろ話しを聞くんだけど
まぁ いろいろあったんだなとはわかった
この若いの 入社してきた頃から 感情の起伏は激しかったし 考え方や行動もいっぷう変ってた
その自己表現は きっと“自分を認めて欲しい”だけではなく
その先に“自分を愛して欲しい”という強い思いがあったのではないかな?

飲んでいて気になったのは
“感謝”という思いがなかったことかな
もちろん ボクに対しての感謝ではなく
この若いのが属している上司や同僚や後輩に対して
今回お休みしたこと(それ自体が悪いと言っているわけじゃないけど)
そして 結果として迷惑を掛けてしまったこと(みんな一生懸命フォローしてた)
一言くらい感謝の言葉があってもよかったと思うんだけどな

まぁ
“自分が全ての中心”という考え方
この若いのだけじゃなくて 最近の若いのは多かれ少なかれそうなんだけどね
人を育てるというのは ほんま難しい


森ノ宮の「おいでおいで」は串かつのお店
なかなか美味しかった!
その後に
緑橋の「大ちゃん」まで歩いて“そば入り”をいただきました
(この秋は なんか食べすぎやなぁ...)
[PR]
by hangzhou21 | 2011-09-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ トマトチューハイの夜 ■ 急にせわしなくなって >>