■ 成田屋

c0067706_6394387.jpg


この夏
一番のヒットは“生姜ご飯”
5月の末に 法事の食事で出会ってから
新聞に載っていた記事など いろいろ研究(?)して 上手く炊けるようになりました
今まで生姜を買うことはなかったけど 今では買うようになったしね
そういえば
生姜ご飯の前に 今まであんまり好きではなかった生姜焼きもつくるようになってたし
長居の「一心」でも 行くたびに生姜をすりおろしてるね
生姜に 何か縁と云うか前触れがあったのかな?
この“生姜ご飯”さっぱりしていて なかなかいいんです!
酷暑で食欲が落ちても もりもり食べてしまいました

水曜の帰り道
阪神アマから商店街を歩いて10分くらいのところにある「でめ金」へ
広島のお好み焼きのお店で ものごっつい美味しくておすすめというわけでもないけど
森ノ宮の「大ちゃん」と並んで“許容範囲”に入るお好みが出てくる
阪神尼なので ノー残業で早く職場を出る晩に何度か寄ってる

「でめ金」やお好みはともかく
阪神アマの駅前から西北に広がる商店街 驚くほど安いスーパーがある
値段のままの商品もあるにはあるけど ちゃんと選べばかなりお買い得
この日は 中国吉林省産の松茸 980円の値札の上に“半額”のシール
少しくたびれていたけど そこそこの大きさの松茸が三本
よっしゃ これで“松茸ご飯”を炊こう
カットしててもあまり香りはなかったんだけど タイマーのスイッチ ポン
翌朝はとってもいい香りが漂っていた!(味もばっちり!)
つい最近まで 炊き込みご飯はあんまり好きじゃなかったのに
自分でこさえるようになってから ずいぶん好きになりました
(勝手なもんやなぁ)


「九月大歌舞伎」(夜の部)松竹座
・「華果西遊記」
・「勧進帳」
・「幸助餅」
連休中の土曜とあって 三階席は売切 他もほぼ満席で盛況感がありました
座席そのものは新歌舞伎座の方がゆったりしてるけど
松竹座は全体のつくりがゆったりしてるかな そんな気がしました
「西遊記」は歌舞伎ではないような気もしたけど
まぁ 澤瀉(おもだか)屋さんはこんなのがお好きですよね
ただ中日劇場で拝見した「水滸伝」のようなドラマはなかったね
「勧進帳」は七月の演舞場と役を入替え 弁慶に海老蔵 冨樫は團十郎
海老蔵の声 少し変わって良くなりました(以前より太くなったのかな?)
配役を見たときはどうなることか心配したけど なんのなんの ちびっと海老蔵を見直したなぁ
(最後の飛び六方 三階からは音だけなのよね)
「幸助餅」これは歌舞伎というよりもそのまま新喜劇
びっくりしたのが右近さん まるで幸四郎が乗り移ったようでした
壱太郎 見るたびに良くなりますね
来月は南座ですね はい
[PR]
by hangzhou21 | 2011-09-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 身毒丸と俊徳丸 ■ 中村屋 >>