■ 開けゴマ!

c0067706_20213889.jpg


死んだように眠っていると
本を読めるわけはないのだけど
ぼちぼち読んでる(買ってるから読まないとね!)

“オープン・セサミ”って 何か意味があるのかな?と調べてみると
ふ~む そうやったんか!
全く知らなかったけど “開けゴマ!”なんや!
(調べてみるまで知らなかった 自分自身の教養のなさに唖然とする!)
ネットでそう行き当たって ふと思う
アラビアンナイト(千夜一夜物語)の原典はアラビア語だとは思うけど
そこに出てくる呪文を「開けゴマ!」と日本語を当てた人は凄いセンスをしている
きっと 今となっては 何処の誰だかはわからないんだろうけどね
あなたが訳して きっと数百年後も「開けゴマ!」 色あせることなく使われてますよ(きっと)!

「オープン・セサミ」(久保寺健彦 文藝春秋 ISBN:9784163291208)
結局 万能の呪文なんてない! (当たり前だけど!)
それは 土壇場の底力なんだよね
そんなことを 20代から70代まで それぞれの年代の主人公たちが奮闘する
いや なかなか面白くて読み応えがあるねぇ
もし このお話しでこの書き手さんに初めて出会っていたら
久保寺健彦の印象もずいぶん変ったやろうなぁ
そう思わさせる変身振り
まずまずのおすすめです

「ベースライン」(須藤靖貴 PHP文芸文庫 ISBN:9784569676807)
須藤さんのお話しは好きなのよね
今回はちびっとパンチが薄いけどいいね
そのキーワードは「片思い」なのかな
(本文にも出てくるし 解説にも書かれているけど)
普通のようで普通ではないのだけど
でも 飛び抜けたスターが活躍するのではない
甲子園へ行くだけが 試合でばんばん勝つだけが 高校野球じゃないんだ!
爽やかな気分になります(やや物足りないけどね)

実は
「オープン・セサミ」を読み終えてから「ベースライン」を開くまでの間
別の本を開いていたんだけど
いろいろ思うところがあってね
一割ほど読んだところで それ以上読み続けられなくなってしまった
決してしょうもないとか面白くないわけじゃないけど
今のボクにはムリ
こんなことも珍しいんだけど しばらく時間を空けることにしました
まぁ 読むのに苦しいお話しをムリして読むことはない


水曜のナイター
サンフレはレッズとアウェイで対戦
いいゲームのようだったけど 1-1でドローだった
(ボクは飲んだくれていて 映像も見てない)
これで ここ2試合で勝点は1プラスしただけ
次のアルビ戦を含めた3試合で勝点6は積みたかったけど...
どうもなぁ...
上位の4クラブとの差は開くばかり 下からの突き上げもある
うかうかしていたら ACLどころか降格争いに巻き込まれてしまうぞ!
この体調で ビッグアーチへ行くのは難しいから
次回は 9月に入ってからのセレッソ戦になりそう
ほんま 頼みます!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 晩夏 ■ 体調不良で20時間寝る >>