■ アルプススタンドにそを聴きに行く

c0067706_20535592.jpg


何故かこの夏は甲子園のスタンドへ心が向く

  ふるさとの訛なつかし停車場の
    人ごみの中にそを聴きにゆく
      
上野駅だけではなく 甲子園のアルプススタンドにも
この石川啄木が詠んだ心情はある
調べてみると96年のこと
この年の広島県代表は高陽東(市内にある県立高校)
何度か勝ったはずで ボクは 珍しくアルプス席へ応援に出かけた
そのゲームは確か勝ったと記憶しているけど 言葉のシャワーに少し酔ったな
それ以来の 広島代表のアルプス席(如水館は三原の高校)
入場券の販売までずいぶんと並ばされ 3回の裏表が終わった時点でようやくスタンドへ

熱戦だった
(如水館の選手は足が遅いよ!)
でも
途中から 相手の秋田代表能代商業が勝ってもいいかなと
秋田大会をノーシードで勝ちあがった能代商業
最近の高校野球にはない 純朴さとひたむきさがあったんじゃないかな
絶体絶命のピンチを三度も中継を挟む好返球で切り抜け
その無心なプレーが心に響いた
彼らは能代に帰ったら また 普通の高校生に戻るんだろうな

ところで
今日は
暑かったうえに 炎天下でずいぶん待たされたので
スタンドに座席を確保したとたん
通りかかった女の子に「おねぇちゃん ビール!」と叫んでしまう
(それに 時刻は14時過ぎだったしね)
ふむふむ 聞いてたとおり 女の子がタンクを背負って階段を行ったり来たり
(こりゃ ずいぶんな運動量になりそうだ!)
よ~く観察すると 確かに みなさんそれなりにかわいいな
ボクがたまたま声を掛けたのが 123番の南出(仮名)さん(彼女もかわいい!)
にこやかに 冷たい一番絞りを泡少なめに注いでくれました
(まっ 一気飲みやったけどね) 美味しかった!
延長戦に突入して こっちも戦況に一喜一憂してそれどころではなかったんだけど
そういえば 7回終わったくらいから
あれだけうるさいように来てくれていた売り子さんたちの姿 全く無い
みんな どこへ行ってしまったの?
そうか~
ゲームの終盤以降アルプス席では売らないのかな?

九州の病院でリハビリに励んでいる池田(仮名)は
野球が大好き(プロも高校も)
そんなことを ふと思い出して
甲子園オリジナルと出場校の校名が書かれているタオルを買って送ろう
このタオルで リハビリ中に流すであろう汗をぬぐってください
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 読書と熱帯夜 ■ ライト側最上段 >>