■ ライト側最上段

c0067706_7523925.jpg


毎日暑い
この暑さ いつまで続くのかな?
お盆休みがあけても すぐには涼しくなりそうにないし
甲子園も あと数日で終ってしまう
やっぱり 八月中は厳しい暑さが続くのでしょう
それでも
庭に出てみると ツバキのつぼみ
特に早咲きの安芸小町のつぼみはぷっくりと膨らんでいて
これを見ると 案外 秋も近いのかなと思ってしまう
(まぁ 希望的観測によるところが大だけどね)

甲子園へ行ってみた
7時前に門戸を出ると7時半過ぎには甲子園
入場券を求める列が驚くほど伸びているけど ボクはフリーの外野席
ライト側のスタンド 運良く 最上段の席が空いていて そこに陣取る
写真を撮ったりメイルを打っていたりしたら
あっと云う間に 8時のプレイボール
富山の新湊と兵庫の東洋大姫路が対戦
一塁側は新湊だから 心情的には新湊を応援
両校の応援 声援 場内アナウンス そして ビールやかち割りなどの売子さんの声
負けじと場外からはセミの大合唱
最上段は特等席 背中がフェンスになっていて 吹き抜ける浜風 実に心地良い!
それに薄曇りで照り付けないのが助かる
朝の早く 8時前からビールを飲むのもどうかと思いながらも
その誘惑に抗し難くなる(が ぐっとガマン!)
甲子園のスタンドは不思議な空間
その一球ごとに大きな声があがるのはともかく
必死になって声を張り上げる両校の応援団
子供連れのお父さん ボクのようなおっさん
何に期待して 何を求めて ここに集っているのか
その思惑がこのスタンドには 渦巻き入り乱れてる
そんな思惑とは全く関係なく 勝利のみを目指して全力プレーの選手たち
終盤 浜風のいたずらか 均衡していたゲームが一気に動く
新湊のセンター きみは何も恥じることはない
長い人生の ほんの一瞬の出来事が ここに刻まれたわけだ
ボクから見れば それは 羨ましいを超越している

第一試合を見ただけで ある意味お腹一杯になってしまった
明日は第三試合で広島の如水館
こんどは アルプス席に座ってみようかな

今日の第四試合
智弁と横浜の試合も壮絶だった
横浜の二番手の投手
そう きみもいつまでもうなだれて下を向いている必要はない
秋の大会 センバツ そして来年の夏だったあるじゃない!


竹シーツ
なかなかいいです
さらっとして ひんやりとしてます
なんでも 陶器の破片で出来たシーツもあるそうで
それも 冷たくていいんだって
試してみたいけど かなり高そうだね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ アルプススタンドにそを聴きに行く ■ 髑髏城の七人 >>