■ 涙の意味は

c0067706_6384527.jpg


日頃から
「考えることが大事やねん」なんて
生意気なことを 口を酸っぱくして若いのに言ってるつもり
でも その思いを伝えるのは難しいものやねんな
改めてそう感じる

今月から預かっている若いのと
金曜に一時間以上お話しをしたんだけど
その話した中味 残念ながら全く伝わっていなかったのだと知る
もう一度 呼び出して 話しをしたら
「あヽ やっぱりな」 泣かれてしまう
叱り方 怒り方 伝え方 難しい
でも
今日は具体的な事例を前にしてのこと(金曜は建前論だったのかもしれない)
せなしゃぁない案件を前にしいるから 時間との闘いもある
短い時間の中で どれだけ頑張れるのか
あんまり期待もしていないけど 不安九分 期待一分
フォロー役に中堅の男の子も付ける
自分だけでは勝手に成長はしてくれないのだったら
手本を見せて なおかつ フォロー役もね
その後は 気付けるかどうか もう本人次第だしね
まだ 匙は投げないけど
とにかく一生懸命に取組んで欲しい
訳が分らなくてもなんでもいい 一生懸命さが若いのの 唯一の取柄なんだし
そこにこそ 今夜流した涙の意味があるんんじゃないかな?
しかしなぁ...
またしても よく泣く若いのを預かってしまったのか...
まぁ いいけどね



きのう
松竹座でチラシが置いてあったのが
「第四回 永楽館大歌舞伎」
とうとう演目も決まった
「双蝶々曲輪日記 ~ 引窓」
「口上」
「茶壷」
この三題 「引窓」はともかく「茶壷」は初めてなので楽しみ!
愛之助 壱太郎はずっと出てて 昨年に引き続き吉弥さん
そして 錦之助さんと隼人くんが永楽館では初のお目見えということになりますね
永楽館 ちびっこの劇場なんです
でも このサイズだからこその魅力も満載!
ずい分先だけど 11/4→11/9の上演なので 是非!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ Kilroy was here ■ リコーダーの音色 >>