■ 神保町の恨みを 伊勢と名古屋で晴らす!

c0067706_7114597.jpg


てつくんが伊勢へ行って 美味しい鰻を食べてきたらしい
さっそく 教えてもらった
宇治山田から少しのところにある「川広」
(しかし 今まで 宇治山田=伊勢とは知らへんかった!)
ふむふむ
サンフレの応援で名古屋へ行くから
近鉄を乗り継いで宇治山田へ脚を伸ばすか!
(結局 乗り継がなくても 鶴橋から一本で行けました!)
途中 伊勢郵便局もある(事前の調査で土曜も窓口が開いてるのは確認済み)
「そうそうこの味!」
東海圏の鰻は 蒸が入らないから 皮はかりかり身はジューシー 独特の食感
丼はご飯にタレが絡めてあって 重はタレを上からかけたものだそうです
関東の鰻のように お箸でさくっと身が切れることはなくて 弾力があるのが特徴
ほんま“ええ感じ”です
併せて“昼ビール”(実際はお昼前だから“午前中ビール”)
これも ええね

名古屋までの車中 絶好のお昼寝タイム!
ちょっと岐阜へ寄ってから
金山を経て 瑞穂競技場
ここにも「うな豊」という 良さげな鰻屋があるのを調べてある
“白焼重”にする これが あっさりしていて なかなかいい!
鰻を細く短冊に切ってあるんだけど
長焼きのままか 普通のうな丼のような切り方の方がボクの好み
(そうしないと 弾力の有る食感が楽しめない!)

二日間で三食も鰻を食べた
これで 夏バテはきっとないな!


ボクは夏バテ解消だけど
サンフレは重症
どこかが噛み合っていない
ゲームを通して勝てそうな雰囲気を全く感じられなかった
ふ~む
思い切った立直しが必要
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ リコーダーの音色 ■ 花育 >>