■ おめでとう そして ありがとう!

きのうの朝
門戸から阪急に乗ると
そこに「INAC神戸」のシャツを着たかわいいお姉さん
う~ん 頑張って欲しいなと思った

やった~
なでしこジャパン ワールドカップ優勝おめでとう!
おっちゃんながら TVの前で涙ぐんでしまいました!

早起きしようと思いながら
がっくり疲れ果てて
赤道熱帯夜にもかかわらずぐっすり眠り込んでしまった
はっと気が付くと もう5時を廻っている
TVを付けると 後半 0-1でリードされている
しかも かなり消耗している走り方
追いつくのは難しいのかなと思った刹那
ゴール前 左足のアウトで見事なゴール
延長でも先制され もうアカンと思ったら コーナーから沢の劇的ヒール
よく追いついた! (もうここで泣いていた!)
そしてPK戦

ワールドカップで優勝するなんて 信じられない!
おめでとう そして ありがとう!


     ▼  ▼  ▼       ▲  ▲  ▲       ▼  ▼  ▼

 
新聞に載っていた映画評を読み
俄然行く気になった「大鹿村騒動記」
今でも 各地に残る 地歌舞伎
そういえば 田舎道をクルマで走っていると 時折そういうカンバンを見かけることもあるよね
それはそれで 知っていたけど 興味もなかった
今回も まぁ 軽い気持ちで 何故か錦糸町の映画館へ
そうか~!
こんな歌舞伎もありなんだ!
床もちゃんとあって 弾き語りの義太夫さんもいるし ツケも入る
演じられるのは「六千両後日文章 重忠館の段」
その筋を瑛太が雷音(らいおん)の冨浦智嗣に奈落の底で語って聞かせるのがいい
(こんな舞台にも廻り舞台があるとは 驚くしかないけどね)
おひねりが飛び交い 地域で愛されたインチメントな関係がいい!
オールロケ 素晴らしい! 一度大鹿村へ歌舞伎を観に行きたくなった!

昨年
大陸で公開されるやいなや大ヒットしたという
チャンイーモウ監督の新作「サンザシの樹の下で」
いやぁ
ヘンなひねりがなくて 直線勝負の純愛もの
「初恋のきた道」 とどっちが泣くかと問われれば「初恋~」だけど
このお話しもすごくいい!
主演の静秋演じるチョウドンユイのかわいいのかかわいくないのか良くわからなけど
はかなく切ない笑顔がいい 実にいい!
こんな物語り こんな風景 そして こんな笑顔
もう 今の中国にはないんだろうな
このサンザシの木に逢いに湖北省遠安県へ行ってみたいとは思わなかったけどね
ピュアな心に触れたいおっちゃんおばちゃん向き
(ボクの隣のボクと同年代の夫婦 お二人とも 中盤以降 泣きっぱなしでした)
ほんとうは 若い人に観てもらいたいけどね

この週末
歌舞伎は三回 芝居をひとつ 映画を二本 ほんまにどっぷり忙しいおっさんやで
台風の影響か雨が降ってきた
白髪岳を歩こうと思ったけど それは難しそう
今日は ゆっくりします
(予約したから パンは買いに行くけど)
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-18 08:25 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by 女子大生の母 at 2011-07-19 22:22 x
連休に
三宮で2泊しました。
そのホテルに読みかけの「プリンセストヨトミ」を
忘れてきてしまいました。
あともう少しで
「終章」まできていたのに・・・
今さら買うのも惜しいし
どなたか持っていませんか?
Commented by hangzhou21 at 2011-07-21 05:28
■ 女子大生の母 さん へ

う~
ボクも読みかけの本を 後楽園のウインズに忘れてきてしまったことがあります
悔しくて もう一冊買ってしまいました
しかも あんまり面白いお話しではなかったので 余計に悔しかった!

「プリンセストヨトミ」
空堀商店街で お好み焼きを食べたくなりますよね
出てすぐに読んだけど 残念ながら もう手元にありません
誰か持ってるだろうし
そのうち ブックオフに出てきますよ


<< ■ 台風接近中! ■ 一枚 二枚... >>