■ 本の重さ

ここ二年ほどかな 通勤に愛用していたカバンがダメになった
なかなか気に入っていたのにな
そんなこんなもあって 先日 新しいバッグを買った
(珍しく真面目なデザイン!)
そのカバンに荷物を詰め 東京へ
いつもはリュックで(出張へ)行くので
何でも入るし 気にせずどんどこ入れてしまう(だから重い)
今度はそもそも出張用じゃないから そんなに入らない

本も 単行本も文庫本も新書も気にせずに放りこんでいたけど
重いんじゃなくて 物理的に入らないのなら仕方ない
しかしな
本って不思議 読んでる最中はそんなこと一切感じないのに
読み終わってしまった本
どうにもこうにも重くってかさばってしゃぁないねん


前の晩に済ませておけばいいのに
出張の準備をせずに(酔っ払って)寝てしまったので
朝 ばたばたと...
おかげで ケイタイを持って出るのを忘れてしまった
別の種類の会議では その途中にロクでもない電話が入ることが多々あるけど
まぁ 今はそう忙しくもないしなんとかなるか
いつもズボンのポケットで感じている
あの機械の微妙な重さから解放されるのもいいか
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 「なかや」に振られる ■ きっぱりとした青空 >>