■ いろいろある盛夏

c0067706_6103629.jpg


景気の良い話しでもないけど
今後の処理もいろいろあるから 主だったメンバーに集まってもらう
ボクからの話しはともかく
相次いで良くない話題が出てくる
いろんな意味でスクランブルな週明けとなる
つくづく
ボクは恵まれていて 毎日をノー天気に過ごしているのだと改めて知る
(それでも ボクなりには悩んでいるんだけどね...)
もちろん
個々が抱える悩みや迷いの大小だけで判断してはアカンのやけどね


昨日の朝は庭仕事
松の葉を掃除する すっきりした
いまさらだけど 自然に発芽したアサガオを植木鉢に定植
週末に差し芽したクチナシとサザンカは元気そうで良かった
このまま 水を切らさずに上手くいくと 秋には鉢かポットに上げられそう
その後
本当は 長駆 ビッグアーチへ ともアタマをかすめたけど 自重
ゲーム開始早々にチュンくんのゴールで先制したものの
カードが乱舞するなか 不可解なジャッジで 退場者を出し
セレッソ相手に痛い星を落とす
映像すら見てないし ネットの速報だけを頼りに一喜一憂していたんだけど
それでも 充分に“悪意”を感じた

土日は全く本を開かなかったけど
先週のうちに読み終わったのが
「黄泉坂案内人」(仁木英之 角川書店 ISBN:9784048742092)
設定が面白い ほんとうはもう少し続きも読んでみたかったけどオシマイ
人生は様々模様があり そして突然終わる
だから現世への“思い残し”って当然あるわなぁ
お盆の頃に読むのがいいかもしれません はい

次は
「ダンゴムシに心はあるのか」 森山徹 PHPサイエンス・ワールド新書 ISBN:9784569796550
「銀輪に花束を」 斎藤純 小学館文庫 ISBN:9784094085679
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-11 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ スクランブル ■ 人生の岐路 >>