■ ラフロイグ

c0067706_2125754.jpg


“ラフロイグをこよなく愛した”
そう耳にして
肩が張ったダークグリーンのボトル 白地で墨文字のシンプルなラベル すぐに頭に浮かんだ
こんな個性的なシングルモルトが好きだなんて なかなかやるな
でも
このシングルモルトがアイラ島のものだとは 迂闊にも知らなかった
ピートが所以だというあのクスリのような風味
はっきりと好き嫌いは別れるけれど慣れれば文字通り“病み付き”になる
喉越しの良いブレンドされたウイスキーとは違い 確かに“飲んでる”気にさせてくれる
ボクが好きなのは 同じアイラ島のボウモア(それも昔のボトル)
せめて ラフロイグをロックで飲んで
静かに故人の冥福を祈ろう


職場にはフロアに喫煙スペースがないので
ビルの外に出て紫煙を煙らす
隣のビルの植え込みはミニクチナシ
花の季節が終わり そろそろかなと思って目を凝らすと
あるある 植え込みのふちにあるレンガの上に黒いゴマ粒大の物体が散らばっている
これは間違いなくオオスカシバの幼虫の糞
タバコをくわえながら じーっと注視するも 見つけられない
(まぁ見つけて気持ちのいいものでもないけどね)
飛び出した新芽 はさみでカットして挿木してみようかな

そうか
そろそろ
中津のビルに植わってる丁子車(サザンカ)の芽も取りに行かなくっちゃ
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-06 21:03 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by スールー at 2011-07-06 22:21 x
安らかに。と思うばかりです。
Commented by hangzhou21 at 2011-07-07 06:57
■ スールー さん へ

まだまだ若いのに...
ほんと ご冥福をお祈りするばかりです


<< ■ 雨の七夕 ■ 七月大歌舞伎 >>