■ 水無月

c0067706_20521935.jpg


6月もおしまい
もう 一年の半分が過ぎてしまったとは...
こないだお正月だったと思ったのになぁ

今年は数日前からちゃんと覚えていて
帰り道 阪神の地下「たねや」で“水無月”を購入
ふたつ入りで700円 かなり高いなと思ったけど 結構サイズがでかかった
これなら 25%ほど小さくして500円以下にしてもらいたい
水無月ってこんなに大きいものじゃないし 高いものじゃないでしょ
ボクの感覚なら ひと切れ150円ほどが適正ではないか
それくらいの庶民的なお菓子だと思うんだけど...
いずれにせよ 6月の晦日に厄払いも兼ねて水無月をいただくのは なかなかいい風習だと思う
(まぁ 忘れている年のほうが多いけどね)

阪神地下のミニフェアは福岡
いつもなら行列が出来ている「かさのや」の“梅が枝餅”
今回は列もなくすんなり買えた
上賀茂神社の“焼餅”とは食感は違うんだけど 甘さの塩梅は似てます
福岡空港で買って家人に好評だった“梅ひじき”「えとや」も買いました
確かに食べてもとっても美味しい!
今回気が付いたのは 包装紙がとってもかわいいということ
(思わず 包装紙だけ別にもらってしまいました)
「かさのや」の包装紙も好き ブックカバーにして楽しみます!


例年ならこんな時期に異動はないのだけど
今年は 仕事のスケジュールが大きく変わったせいか
ちょこっと異動があって 7/1から若いのを一人預かることになった
今でも少々もてあまし気味なのに 大丈夫なんかいな?
どんな子なのかほとんど知らない
今まで違う仕事をしていただけに やや心配
まぁ ボクが心配しても仕方ない 周囲がなんとかフォローしてくれるでしょう(きっと)

スケジュールがズレていることもあって
ここ数年のこの時期と較べてもかなり手が空いている
仕事をやる上での細かい手順はさておき
どういう心構えでこの仕事に取り組んでもらうべきなのか ちびっと考えないとね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-06-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 六月のお昼ご飯 ■ 楊令伝 >>