■ 梅雨空

c0067706_733690.jpg


本格的な梅雨になったなぁ
ムシムシするし 傘も手離せない いやな季節です

日曜は書評の日だったけど
諸般の事情で日経の朝刊に目を通しただけ
書評に載っていた本だけじゃないけど
この一週間で気になったのは...

「子どもの頃の思い出は本物か」 カール・サバー 化学同人 ISBN:9784759814675
 ⇒そうか~ 記憶って操作によって植え付けることができるのか...
「響きの科楽 」 ジョン・パウエル 早川書房 ISBN:9784152092144
 ⇒音楽を“科楽 ”するっていう発想がいいよね
「拙者は食えん!―サムライ洋食事始」 熊田忠雄 新潮社 ISBN:9784103057734
 ⇒江戸から明治へ至る過程で日本人が初めて出会う洋食って面白そうな切り口です
「北朝鮮抑留記 わが闘争二年二カ月」 杉嶋岑 草思社 ISBN:9784794218124
 ⇒1999年 日本経済新聞の記者だった著者が北朝鮮で抑留されたときの手記だそうです ふむふむ
「世の中への扉 甲子園がくれた命」 中村計 講談社 ISBN:9784062164405
 ⇒青春スポーツもの ボクが好きそうなお話しです(調べてみたら以前にもピックアップしてました)
「左手一本のシュート」 島沢優子 小学館 ISBN:9784093881555
 ⇒こちらも 青春スポーツもの 心を震わせてくれそうです
「刑務所図書館の人びと」 アヴィ・スタインバーグ 柏書房 ISBN:9784760139804
 ⇒以前にも他の新聞でも取上げられてましたよね


東京へ持って行って読み終えたのが
「ラブオールプレー」小瀬木麻美 ポプラ文庫ピュアフル ISBN:9784591122686
さっくり読めました
爽やかなのよ 主人公の少年が爽やかなのはもちろんなんだけど
一途 どのページを開いても 書かれているのはバドミントンのことばかり
そうだよな~ 青春だからこそ全てを賭けられる!
なんだか 忘れていた純粋さ ほんの少しだけ思い出したような気がしました
ぶすぶすとお腹の中に毒ガスを溜め込んでいる人に読んでいただきたいですね


競馬の「win5」は9週目
今週は今までで対象レースの出馬頭数が最も少なかったそうです
そのせいなのかどうなのかはわからないけど 平穏な払い戻しになってます
1人気→1人気→5人気→2人気→2人気 で決着して
¥297,610でした (発売総額は¥1,278,726,500)
来週は 宝塚記念 まぁ ちっとも盛り上がってないけど 少しだけ検討するとしますか
[PR]
by hangzhou21 | 2011-06-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 丑乃匠 ■ 水滸伝 >>