■ 飲んでばっかり

c0067706_821311.jpg


名古屋のメンバーとの交流勉強会
なかなか刺激的
どんな顔をしたどんな人が頑張って仕事をしているのか
それがわかっている方が断然いいよね
名古屋の親方は よく知っているしね
よっしゃ 負けてられない!
“夜の部”も盛り上がって 楽しかったです
今週は月曜も飲みに行っていた
預かっている若いの(もう若くないけど)
違う部署へ ひと月ちょっと武者修行に出していて
その壮行会
(こうやってメンバーがどんどん減っていく...)
考えてみたら よその若いのとばっかり飲み歩いていて
自分のところがみんな顔を合わせる飲み会って そんなにやってない
あかんなぁ...
なんだか 急に仕事が混みあってきて
本当は 飲んだり喰ったり 夜の街に繰り出している場合やないねんけどね


「消えた天才騎手」 島田明宏 競馬王新書 ISBN:9784861917301
競馬ってロマンがあるものなんだけど
それって 脈々と連なるサラブレッドが持つ“血のロマン”をして語られることが多い
その主人公たちを世話した 調教師やジョッキーを語られることは少なく
ましてや かつては“馬丁”とやや蔑まれた厩務員は主人公にならない
でも このお話し
戦前牝馬のクリフジで日本ダービーを勝った前田長吉という騎手のお話し
競馬に興味がない人には 何の意味もない内容なんだけど
前田長吉という騎手の人生を紐解くことにより
黎明期から戦前の競馬界を少し俯瞰することができる
なかなか面白い読み物でした
[PR]
by hangzhou21 | 2011-06-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 大舟山 ■ 奈良をうろうろ >>