■ 時鮭

c0067706_6292448.jpg


ようやく長雨が上がり 乾いた空気が窓から入ってくる
溜まってしまった乾かない洗濯物
きょうは気持ちよく乾きそう

もうそろそろかなと思って見に行くと
やっぱり咲いてた
阪神百貨店の南側 街路樹にエゴノキが植えられている
その名前からは想像もできない かわいい白い花
例年 GWが明けると咲き始める
ほんのしばらくだけどね

もうひとつ
そろそろかなと待っていたのが
トキサケ(時鮭・トキシラズ)の初競り
実は 少し前からハシリのトキサケは売場に並んでいた
でも この初競りを経てしばらくすると
ボクにも手が出るくらいに値段が落ち着いてきます
これも例年 GWが明けてしばらくしての風物詩

   =  =  =     =  =  =     =  =  =

「封印された系譜 上下」(ロバート・ゴダード 講談社文庫 ISBN:9784062769600)
まるでジェットコースターに乗っているみたい
次から次へといろんなことがおこり 気持ちも腰も落ち着かない
だから (ゴダードにしては)読ませるという重厚感には欠けるけど
さすがに上手な書き手さんだけはある
ラストがままごとのような締めくくりだけど まぁ面白かった
(少なくとも「忘れられた花園」(ケイト・モートン 東京創元社 ISBN:9784488013318)よりはうんと面白い!)
ヘルシンキとかコペンハーゲンなんかに行ってみたくなる ロードノベルですね
後書きには 20作目の長編とあった
そうか~ もうそんなになるのか...
一番最初
「千尋の闇」(創元推理文庫 ISBN:448829801X)が出たのが1996年だから
15年前か(原著は86年)
調べてみたら 20作みんな読んでた
最近はもうひとつ面白くないけど 今回の「封印された~」はまずまず(かな?)

次が
「快晴フライング」(古内一絵 ポプラ社 ISBN:9784591124178)
アバンザにあるジュンク堂さんの店頭に並んでいるのを見かけて 買う
水泳部の中学生たちが主人公
スポーツモノでも水泳って珍しい
思い浮かぶのは「DIVE!!」(森絵都 角川文庫 ISBN:4043791038)くらいかな
まだ1/4あたりだけど ここから面白くなるかな~
一緒に買ったのが
次々に書評に登場して 売れてそうだし 版元も品切れだから
あるなら 旭屋さんの本店! と思ったら ちゃんとありました!
(でも 帰りに寄った紀伊國屋さんの梅田本店にも積まれてました...)
「オスカー・ワオの短く凄まじい人生」(ジュノ・ディアス 新潮社 ISBN:9784105900892)
全米批評家協会賞 ピューリッツァー賞 受賞のオタクのお話しらしい
面白いかな~ どうかな~...
何もなければ 次はこれ

   =  =  =     =  =  =     =  =  =

先日のいなみ野フットパス
一番手前にあった池 そこの水面を覆っていた緑の葉はヒシ(菱)
帰りしな その池のほとりまで降り 3株(?)ほど持って帰ってきた
何か悪い虫や病気でも持っていたら困るので 洗ってから 瓶の中に置いておく
すっかり元気になって 新しい芽も根も出てきた
これだったら 金魚鉢に入れても大丈夫そう
これで
この夏 金魚鉢の水温は幾らかでも涼しくなるかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2011-05-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 植え替えおわり ■ GUINNESS >>