■ あれこれとあるGW

c0067706_693517.jpg


目前にGWを控えているのに
今年も な~んにも予定がない
29日は 久しぶりにハイキング倶楽部の例会 大和葛城山を歩く(予定)
それ以外は まぁ一応 清水にサンフレの応援へ行くはずだけど...
他は決まっていなくて
読書する 庭仕事をする 自転車にもういっぺん乗る 競馬をする... くらいかな?
残念ながら 歌舞伎はありません

ツバキ ほとんど花が落ち 新芽が盛んに吹き出している
地植えの株 思い切って剪定せんとあかんし
何十もある鉢植え 何年も植え替えていないから
しっかりと根をほぐして大き目の鉢に植え替えてあげんとね
次の花のために 肥料もたっぷりと
全部するなら これは一日ではムリ 二日はかかるか....

土日はもちろん競馬
土曜は東京優駿(日本ダービー)のトライアル青葉賞だけど
やっぱり 日曜の天皇賞を含むPICK5
アハルテケS⇒錦S⇒谷川岳S⇒スイートピーS⇒天皇賞
いやはや どのレースも一癖もふた癖もありそうで
先週よりずっと難しそうやなぁ 出るか2億円?
「一心」で“ざるうどん”をすすりながら じっくりと熟考することにします!
的中したら
イタリア製の高級自転車になるのか それとも ビジネスクラスで香港かなぁ
ず~っと云ってる ソロテントも欲しいしね
いや 2億やったら 全部かなうな!

自転車で「THE KAYANDO ATTACK」も55分の壁を破るためのチャレンジもする(はず)
今度は 脚と息が保つかなぁ?
タイムよりも どこまで降りずに漕げるのかがポイントやね
(自信がつくまでは こっそりとチャレンジします!)

映画も観たい!
「阪急電車」はどうするかな?
赤塚不二夫のお話し「これでいいのだ!!」に何故か惹かれてるし
韓国の「生き残るための3つの取引」も気になるな!

こうやってあげてみると
何を何時するというのが決まっていないだけで
やらなければアカンことは ちゃんとあるわけだ
まぁ
怠惰に過ごしてもええんやけどね それが一番の贅沢かな?

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

「僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌」(盛口満 ちくま文庫 ISBN:9784480428011)
いい本だな
どうして気になるのか好きになるのか
上手い例で示してあるのに好感が持てる!
こないだも思ったけど
ボクもこんな先生と一緒に勉強をしたかった
ひょっとしたら 理科が好きになっていたかもしれないな
いろいろあるんでしょうが 生徒との距離感もいい
イラストもかなりふんだんに盛り込まれていて
ずんずん読めます
(奇抜なタイトルで少し損をしてるかな?)

ちびっとまとめていたら
四月は頑張って読んだ
軽い内容の新書が多かったこともあるけどね
まだまだ積読の山は高いから いい気候のうちに頑張って読まんとね
ちゃんと新刊で買った本から読まないとね!

気になって調べてみると...
「オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン」小路幸也 集英社 ISBN:9784087754001
⇒“東京バンドワゴン”シリーズも長いね 新刊出たんや!
 そのまま寺内貫太郎一家です
「サトリ 上下」ドン・ウィンズロウ 早川書房 ISBN:9784152092083
⇒ドン・ウィンズロウも新刊出してる 舞台は日本やて!
 でも文庫じゃないのね 高いのが気になる!
「闘牛」小林照幸 毎日新聞社 ISBN:9784620320410
⇒闘牛で調べてたらヒットしました 一度 読んでみようかな
「セカンドウィンド4」川西蘭 小学館 ISBN:9784093862981 ※発売日:2011/6/23
⇒アマゾンで調べてると まだ棚に並んでいない本もヒットするのが ちびっと嬉しい!
 セカンドウィンドも4冊目か あれからどうなったかな?
 出たらすぐに読まんとあかんなぁ
「ファントム・ピークス」北林一光 角川文庫 ISBN:9784043944026
⇒旭屋さんのドーチカ店でポップが立ってた これは新古書店で出会えそう
「魔笛」野沢尚 講談社文庫 ISBN:9784062748858
⇒これもそう たしか「龍二」を書いた人ですね

まぁ
読むか読まないかはわからないけど
気になった本をこうして書き出しておくと
後で振り返れるのがいいんです はい

ちびっと調べてみたら
なんと
昨年もGW前に
僕僕先生と東京バンドワゴンの両シリーズ
それに 万城目学(こちらはノンシリーズ)の新刊が出て
嬉しそうに買ってる!
ふ~ん そうやったんや!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-04-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ メジロとスーちゃん ■ 大きなタイトル >>