■ 鑑賞教室

c0067706_548627.jpg


週末に東京へ出張
会議に出て(居眠りして?)
神保町での“女学院前会”では しこたま飲んで
翌日は 新橋演舞場で歌舞伎見物
日曜は 早朝から広島でサンフレの応援
その次は 休暇を取って 南座で歌舞伎鑑賞教室
ほんま よう遊ぶなぁ...

南座で行われる 吉弥さんの鑑賞教室は三回目かな
入場前の列に並んでいたら
亀蔵さん 普段着でふらふらと楽屋入り
誰も気がつかないから 声を掛けようと思ったけど
とっさには 屋号が思い出せない
亀治朗なら「澤瀉・オモダカ屋」だけど...
(あとで調べたら「松島屋」さんやった!)
まず 落語家の桂九雀さんの解説が入る
その後
「釣女・つりおんな」
同じタイトルの狂言から転じた“松羽目物・まつはめもの”なんですね
大名某と太郎冠者が妻を娶るために 西宮のえべっさんへ願掛けに行く
見事 成就して 某と太郎冠者は妻を釣り上げるのだけど...
すんごくわかりやすいお話しで
亀蔵さんのキャラクターが生きてる!
まさに 鑑賞教室向きですね


季節の変わり目でどうも安定しない天気
にわかに掻き曇り どろどろんと激しい雷雨になったかと思うと
何事もなかったように晴れ渡る
こうなると“雨宿り”
う~ これはなかなかいい言葉の響きですね

家に帰ってから
久しぶりに温泉 つかしんの湯之華廊
やや熱めの温泉にのんびりとつかりながら
来週のwin5 的中したら何に使おうかな?って 夢見てました はい
[PR]
by hangzhou21 | 2011-04-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by 森の音 at 2011-04-28 07:35 x
コルナゴに決まってるんでしょ!
Commented by hangzhou21 at 2011-04-29 06:14
■ 森の音 さん へ

そうやった~!
100万オーバーは大袈裟にしても
手頃なのを一台あつらえることにします
(但し 当たったら やけどね)
しかし
獲らぬタヌキの... は考えているときが一番楽しいものです はい!


<< ■ 大きなタイトル ■ 快勝! >>