■ 東京へ

c0067706_725440.jpg


久しぶりに東京
もちろん 震災後はじめて
どんなものかと思っていたけど
エレベーターやエスカレータが停まり 照明もかなり落とされていて
ふ~む...
確かに これではマインドが冷え込む

午前中に寄った新日本橋の散髪屋さん
(ちょうど 一年のご無沙汰!)
いろいろ話しを聞かせてもらい
被害はそうでもなかったけれど 影響はかなりあったそうだ
今でも いろんなカタチで尾をひいているみたい

でも
一番感じたのは何かと云うと
地震(の揺れやその後)が大変だったという話しばかりで
本当は きっと 福島の原発に対する不安が大きいはずなのに
それに対する 直接的な話しは全く出て来なかったこと
う~
日本人って「忍耐強い」とか「我慢強い」のではなく
「飼い馴らされている」のではないかいな?
(それとも どうしようもないという諦めなのか?)
放射能汚染については
「よくわからない」とか「政府(or東京電力?)がちゃんとしてくれているはずだ」
こういう思い込みなのか
それとも「だからって いまどうしていいかわからない」という思いなのか...
もっと
「本当のことを教えて欲しい」とか
「どうすればいいのか 明確な指示を出して欲しい」と 声を大にすべきではないか
だって
このままでは 安心して暮らせない
皆んな心の底ではそう思っていると思うねんけどな...

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

会議を終えてから神保町で“女学院前会”
一番若かったのでさえ もう40になったと聞き
いやはや ほんま時が過ぎるのは早いもの
途中 今は和歌山に住む“女番長”にも電話で出演してもらい
いつものごとく 懐かしい
もう20年近く前のことやねんなぁ...

そうか!
去年のこの会議のときは
新潟まで脚を伸ばして「きたぐに」で帰ったんやった...
今年は
大人しく(でもないけど)新橋演舞場で歌舞伎を観て帰ります

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

そういえば
数日前の夕刊
「焼肉ドラゴン」の劇評が載っていた
これ 観ようと思ってチェックしていたけど
九州出張と桜花賞とにもろにダブってしまい
せっかく 兵庫芸文なのに行けなかった(くやし~!)
好意的な内容だった
関西でもう一度再演してくれへんかなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-04-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 心が乱れる ■ 風疹と寝坊 >>