■ お見舞い

c0067706_6565521.jpg


久大線の特急「ゆふ2号」
由布院まではかなりの急勾配
ディーゼルエンジンがけたたましい音と振動で奮闘
道沿いには 辛子菜の黄色い花が美しく
折から 桜も満開
いい季節に列車に乗ったな
のんびりと九州の天井の北側 高原を走り抜ける
あの双耳の峰 由布岳なのか
単調で辛そうだけど いつか歩いてみたい
車窓を楽しみ 本を読んみ 後半は居眠りも
新幹線では味わえないもの 確かにあるなぁ...

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

教えられた病室をのぞくと
半年ほど前に会議で会ったときそのままの池田(仮名)が車椅子に乗ってる
「なんや 元気そうやん!」
思ったままの言葉が口から漏れる
ふ~ 良かった 安心した!
報せを耳にした時は 最悪のことまで覚悟したのに
ほんま 人騒がせな奴やで!
それでも 左半身は完全ではないそうだし よく観察するとそれもわかる
これなら 間違いなく 問題なく 仕事に復帰できる!
1時間ほど ほとんどこちらが聞き役なほど 一生懸命しゃべってくれる
(その能弁ぶりが還って心配になってしまうほど)
元部下と飲んでいるときに倒れたそうなので
すぐに処置が受けられたそうだ ほんま ウンのええ奴やで!
「声も掛けられなかったらどないしょう」
そんな ボクの心の隅に合ったモヤモヤがすっと晴れ
こっちも元気になった!
行って良かった!

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

今回は
あれも食べようこれも食べようと
事前に一生懸命調べてピックアップしていたけど
結局 ほとんど行けなかったのが 残念!
久留米ではつばき園に行こうと思っていたけど それもパス
まぁ どれも逃げないしね
またいつかチャンスもある きっと!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-04-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 第71回 桜花賞 ■ 豊前から別府へ >>