■ 春になれば...

c0067706_6295755.jpg


まだ読んでいないし 買ってもいないけど
何かで見かけて ちびっと気になっているのが
「勤めないという生き方」(森健 メディアファクトリー ISBN:9784840138321)
「手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙」
(喜多川泰 ディスカヴァー・トゥエンティワン ISBN:9784887595705)
久しぶりに 就職とか働くということに関する本も読んでみようかな...
でも
書店さんで実際に買ってしまったのは
「鯨人・くじらびと」(石川梵 集英社新書 ISBN:9784087205787)
迫力がありそうだし 良く売れているみたい
積読にならないうちに しっかり読むことにします

すっかり春めいた気温になったり
冷たい風が吹いたりだけど
やっぱり四月
今年は 木や場所によってのバラつきはあるものの
サクラが咲き出してる
例年は桜花賞までもつのかとハラハラするけれど
この春は 世間も仁川も 満開で迎えられそう!

街を歩くと
モクレンやコブシが 白い花を競って開いている
この やや分厚い華が開いて散ると 春も本番
拙宅の狭い庭も
ナツツバキがライム色の新芽 ちっちゃいのに開いてきた
昨秋 きつく刈り込んだ キンモクセイもロウバイも
新しい芽が吹き出している
う~ん 自然ってエライなぁ!

陽射しはかなり強くなっているから
日なたはかなり暖かいのに
日陰はまだ冷たいし 朝夕も冷えるね
冬と春が綱引きをしてて
その勝負の行く末はわかってはいるけど ヤキモキと...
そういえば
朝は目が覚めるともう明るいし
すっかり陽も長くなってるしね

きっと
東北ではまだまだ寒いと思います
でも 明けない夜がないように
春にならない冬もありません
事態は一向に好転しないけど 頑張ってください
(ボクはこうして声を掛けることしかできないけれど...)
[PR]
by hangzhou21 | 2011-04-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 春日和 ■ センバツを見る >>