■ 入社式

c0067706_756613.jpg


ここ数年 某クライアントの入社式
撮影で立ち会っている
後ろから眺めているだけなので 各々の顔を見るわけにはいかないけれど
彼らの後姿から オーラのように緊張感が漂っているのがわかる
それでも
今年は大人しくて ちょっと元気が無いように見えたけど 大丈夫かな?
今朝の電車の中や帰り道のターミナルでも
初々しい姿の新入社員や新入学の大学生を見かけた
新しい人生の門出ですね
今日の気持ちを忘れずに 何年後も何十年後も頑張ってください

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

書店さんに寄って 何冊か新刊を買ってしまう(あかんがな!)
2~3週前に朝日の書評に載っていて
「これは読まんとアカン!」と思ってしまったのが
「忘れられた花園 上下」(ケイト・モートン 東京創元社 ISBN:9784488013318)
「これはきっと何処にもないけど 旭屋ならあるはず!」と思ったら やっぱりそのとおり!
旭屋さんは 翻訳ものの新刊に強いです!
このところ続けていろんな書評で取上げられていて気になっていたのが
「わたしの彼氏」(青山七恵 講談社 ISBN:9784062168083)
この人 新進の書き手さんだと思ってたけど そうでもないんだ!
もう一冊が
「自転車冒険記~12歳の助走」(竹内真 河出書房新社 ISBN:9784309020242)
棚にささっているのを目にして
なんで いまさらこんな古い本が... と思ったけど
なんと あの「自転車少年記」の続編らしい
こんなにひっそりと出てたんや!
久々に読んでみたい自転車ものです 楽しみ!

   -  -  -     -  -  -     -  -  -

入社式の帰り道
きのうのMMのメイルの影響か 無性にお好みが食べたくなっていた
森ノ宮から少し歩いたところに広島のお好みを食べさせる店があったのを思い出す
しめしめ
天五の「厳島」よりも ここ「大ちゃん」の方がいいで
[PR]
by hangzhou21 | 2011-04-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 池鯉鮒 ■ 三月のお昼ご飯 >>