■ アレクセイと泉

c0067706_20364447.jpg


好きなもの
ホワイトアスパラガスの水煮(カンヅメ入り)
水を切ってお皿にあけ マヨネーズ
その昔 元気のないバーがあって
肴は乾きものと缶詰しかなかったのね
ここでホワイトアスパラの味を覚えました
今でも ときどき思い出したように食べてしまう


何年前かな
もうずっと前だけど「アレクセイと泉」という
ロシアのドキュメンタリー映画を観たことを思い出す
アレクセイが住む村にはこんこんと湧く泉があって
この泉を守りながらアレクセイは暮らしている
この村には水道はなく 住民は皆 この泉に水を汲みに来る
地中にしみこんだ水が50年の時を経て濾過されて湧き出てくるという
でも
この村の近くには チェルノブイリがある
だから もうこの村は地図には載っていない
残っているのはお年寄ばかり
若い人はアレクセイしか残っていない
いつの日か
この泉から湧く水にも放射能が含まれるようになるかもしれない

恐ろしいことだと思った
でも 
その当時は どこか遠い場所でのお話しだと思っていた

好転するわけもなく
日々厳しい状況が続く福島の原発
必死になって作業をされている方には声援を送りたいけれど
避難されている周辺住民の無念さと焦燥感を思うに
言葉にならない

あの村の泉
きっと 今日もこんこんと透明の水が湧き出しているのだと思う
でも
その泉から水を汲み出している人はいるのだろうか


運動不足かな
しばらく汗をかいていないので
気晴らしも兼て大舟山へ歩きに行く
お彼岸も過ぎて もうすぐ4月だというのに
淡い雪が残ってる
木立の中は冷たい真冬のような風が吹き抜けて行くのに
陽が当たるとポカポカとして
そのギャップに やっぱり春は近いのだと感じる
[PR]
by hangzhou21 | 2011-03-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 鴨しゃぶ ■ まだまだ寒いけど >>