■ 自宅待機指示

特急で制作していたweb-site
二転三転てんやわんやを経てようやく納品
データをクライアントに納品したものの
サーバへのアップロード作業はクライアントにお願いした
(実際に公開するかどうかの判断も含めて)
新規に公開を開始するには かなりタイミングが悪い
それも仕方ないかな

目の前に仕事がないと
いろんなことを考えて気が滅入ってしまうだけに
こうして集中して行う作業があるのは有難い
紆余曲折
昨夜遅くなってから「公開しました」とクライアントの担当者から連絡が入る
わざわざご連絡いただけるとは ほんとうに嬉しいし
“一緒に作った”という気がする
ありがとうございます!
(でも これはまだ第1期分 まだ2期3期と続きます)

その2期3期分の取材と撮影で滋賀へ
もうすぐお彼岸だというのに 吹雪
春の雪というには無理を感じるほど 生易しいものではない
もうコートはいらないかなと思ったほどの陽気はどこへ...


もうすっかり暗くなってから職場に戻ると
「首都圏の勤務者は木金曜は自宅待機」という告知が届いていた
計画停電の影響で出勤退勤がかなり厳しくなっているそうだし
余震 放射能... それに 物資不足に買占め....
職場に出ても 仕事に向かう環境でもないだろう
仕事そのものもストップしているかもしれない
様々なストレスが襲う中
この自宅待機という判断
正直驚いたけど 正しいジャッジかもしれないな

いろんな情報だと
箱根の西と東で全然違うらしい
ボクはどうしても 自分の周囲で判断してしまうけれど...
普段どおりの生活を送れるボクたちは
いつものように仕事に励むだけだ

相変らず
福島の原発は厳しい状態が続いている
「(東京電力や政府は)一体何をやってるんだ!」と叫びたくなる
ボクでさえこうなんだから
退避命令で避難している福島のみなさんの胸中は察するに余りある
関東圏の電力を賄うために原発があり
ここで発電される電力は地元に供給されているわけではないのに
いざ事故が起これば リスクだけを一身に背負わされる
この理不尽さは何だ!
そう思うと 
これ以上の被害拡大を食い止めるのはもちろんのこと
避難されている方々へはもっともっと配慮が必要だと思う
[PR]
by hangzhou21 | 2011-03-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 酔うに酔えない ■ 気持ちを切り替えるしかない >>