■ 花粉症

c0067706_21283381.jpg


このシーズン最後の大型イベント(小さいイベントはまだまだ続くけど)
いろいろ仕事を抱えているのに
イベント会場にカンヅメで一日過ごす
担当の業務をしながら 若いのとゆっくり話せたからいいのにします

そろそろもう少し暖かくなってもいいのに
最低気温は氷点下にならないものの
日中の最高気温はシングルのまま 風も冷たいまま
ほんま 季節の移ろいは一進一退

職場でのインフルエンザ
猛威を振るっていたのに このごろはすっかり下火
代わりに ここ一週間ほど目立つのが 花粉対策のマスク
目がうさぎのように赤くなっていたり 鼻をぐしゅぐしゅんさせていたり くしゃみを連発したり
ボクはまぁ鈍感だから花粉症ではないけど
「夜中に喉が熱くなって死ぬかと思いました」(ほんまに花粉症か?)なんて聞くと
大変なんだなと思う

今日一緒だったカメラマンの親子も 揃って花粉症
お父さんがおっしゃるには
“じゃばら”の果汁100%ジュースを毎朝お猪口に一杯飲むと 効くそうだ
(もちろん 個体差も大きいらしいいけど)
それが とてつもなくすっぱいらしくて
話しを聞いているだけで 口の中がツバで一杯になる!
何かの拍子で 急に花粉症が出るケースもあるそうなので
その予防対策はいろいろストックしておこう!

花粉症対策でお手伝いしているのが
香港や大陸で甜茶を買ってくること
今では この葉っぱの種類もばっちり!
(でも すっかり忘れてて なっちゃんにメイルで問い合わせて教えてもらいました!)
よっしゃ! 今度台湾へ遊びに行く若いのに買ってきてもらおうと思ったけど
その旅程表を見せてもらってあきらめた
桃園~高雄~花蓮~台北という一週コース
しかも自由時間がほとんどない!
これでは 貴重な時間をお茶さん巡りに費やしてもらうのはかわいそう
この甜茶の仕入れ ある程度 中国の町に慣れているとか お茶の買い方を知っている人じゃないと
難しい
ボク自身が香港へ飛んで行ければええねんけど
現状では それはなかなか難しいしな...

まぁ
何が効くのか効果があるのかは 個体差が大きいらしい
もし
ボクが花粉症体質になってしまったら
何が効くのやら...

帰り道
阪神の地下を歩いていて ついつい買ってしまったのが
今年は豊漁だと言うスルメイカ それと解禁になったばかりのイカナゴの新子
イカはしょうゆでさっと煮込むと 肉厚で美味しい
新子は三杯酢でいただくと 白ワインが進む!
このところ ミョウガも手ごろな値段で売場に帰ってきてくれているし
こんなちょこちょこっとしたところで 幸せを感じられる小心者です はい
[PR]
by hangzhou21 | 2011-03-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ スペイン料理 ■ 佳境「大聖堂」 >>