■ 酔鯨亭

昨夜はお店に辿り着けないという“失態”を演じるし
少し前も お店の前まで行ったらお休みということもあった(あかんやん!)
今夜はそのリベンジ
ちゃんとお店は営業中だし 席も空いてた!
土佐料理
高知の春の風物詩(?)“のれそれ”があるのが ちびっと嬉しかった!
もう20年ほど前
何年か続けて 春先に四国四県を一周する出張をしていた
高知ではこの“のれそれ”を「赤ちょうちん」でいただくのが楽しみやった
移動の関係もあって 高知では必ず泊まってた
あの店まだあるのかなぁ?
季節になると“のれそれ”は阪神でも売ってるしね(買うことはないけど)
今夜のお店
もちろんカツオのタタキもごっつい美味しかった 他の刺身も料理もええ感じ
(やっと レパートリー増えたかな?)
退職する若いのの「美味しいタタキが食べたいです!」というリクエスト
ようやく応えられた
これで 彼女とは“通りすがりのおっちゃんとお嬢さん”という間柄になる

ここ数ヶ月
いや まいどまいどのこと ずっとやねんけど
若いののことでアタマを悩ませてる
(おかげで 白髪はどんどん増える一方)
今回ばかりは もう 怒らない叱らない!
これって 受け止め方によっては イジメだったり 無視されているように受け止められるか
(いや 実は全くその通りやねんけど)
じゃぁ どうしたら 面倒を見てもらえるのか どうしたら信頼を得られるのか
それを自分で考えてもらいたい
それはムリなのかなぁ
アタマを使わないと 成長しないどころか どんどん退化して行くばっかりやと思うけど...
そんなことまで
ボクが教えんとアカンのかと思うと なんだか寂しくなるね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-02-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 脳内出血 ■ 小川下 >>