■ どうした大相撲

大相撲を熱心に見ていた頃(もう30年以上前のことだ!)
大関の魁傑を贔屓にしてた
あんまり大きくないけど 色が黒くて締まった身体に生真面目そうな顔
いつも 魁傑の結果だけ気になっていたな
同門の横綱輪島の影になって地味だったけど...
まさか 相撲協会の理事長になるとは思っていなかった
でも
その魁傑も理事長になるのは貧乏くじやったのか
まさか このタイミングで八百長が露呈するとは...
ひょっとしたら 相撲協会の幕引きをする最後の理事長になりかねない
膿を出し切ることも大事かもしれないけど
ここは 相撲は勝負よりも興行と割り切って開き直ることも必要かな
そういう側面も確かにあるんだから
相撲協会は興行を仕切る競技団体でええやん
相撲には オリンピックや世界選手権はないねんから
結末がどうなるのかはわからないし
淋しいけどね...

日中の寒さが幾分和らいで
何だかほっとする
ずっとちじこまっていたのが 全て解放される気分になる
小梅のつぼみがずいぶん大きくなってるし
気がつかなかったけど
覆輪侘助 雛詫助 などなど
いつもは早咲きの品種がようやくぽつぽつと咲いている!
ずっと雨が降ってないので 久しぶりにたっぷりと散水
水を撒くと 葉の上のほこりが流れて さっぱりとツヤが出たような気がします
あんなに寒かったのに
ちゃんと季節は動いていく もう少しくらいなら寒くてもいいけどね
休みをもらったから
庭仕事してから 湯之華廊へ 昼風呂ってほんまいい感じ!
しかし 久しぶりに体重計に乗っておののいた!
う~
食べ過ぎと運動不足かなぁ...
確かに 冬になってからよう食べてるし
おまけに お山をちっとも歩いてへんもんなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-02-02 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(4)
Commented by スールー at 2011-02-05 10:39 x
>ここは 相撲は勝負よりも興行と割り切って開き直ることも
>必要かな そういう側面も確かにあるんだから

思いっきり暴言を吐けば「プロスポーツ」と称されるもの
全てにそういう側面があるんではないでしょうか。
(●リン●ックだって・・)
だから今回のようなことが許されるとまでは、言いませんが
「前代未聞、あり得ないこと、国民への裏切り??」
って、みんなしたり顔で言っているのが、なんかなあって感じです。


Commented by hangzhou21 at 2011-02-06 08:18
■ スールー さん へ

次の防府は何時ですか?
牛骨ラーメンと醤油は是非!

2/5付けの毎日新聞のスポーツ面
スポーツ時評というコラムを松井良明さんという方が書いていて
なかなか面白かったです
(月曜にでもコピーをお渡しします)
スポーツか芸能か
それを選ぶ時が来ているのですよね
もっとも 公益法人化したいというのも
端的に言えば もっと利益を確保したいという思いが強いからなんでしょうね
Commented by スールー at 2011-02-06 19:17 x
防府はちょっと先になりそうです。今月は沖縄の「亀かめそば」を狙ってます。(笑)

大相撲ネタでは今朝のワイドショーでスポーツライターの玉木さん?
のコメントが秀逸でした。

●スポーツの公平性をそこまで追求するなら、サッカーにおけるアウエイでの審判やフィギュアスケートなどにおける芸術点はどうなんだ?

●相撲協会はいっそのこと「宗教法人」になってはいかがか。
(相撲はもともとは神事である)

・八百長などに対する体質改善も大事だが、今考えるべきは「日本人にとって大相撲がどのような存在であることが『幸せなのか』ということ」
これを世論に問えるのはジャーナリズムしかない。

司会の小宮悦子さん、一言も反論できない感じでした。
Commented by hangzhou21 at 2011-02-07 21:47
■ スールー さん へ

う~む
“宗教法人”とは なんとも“慧眼”ですね
その発想に驚きました はい!


<< ■ 節分 ■ ガンバレ宮崎! >>