■ 忘年会

外出する機会が少ないのでなかなか読めないけれど
次にカバーを掛けたのは
「木暮荘物語」(三浦しをん 祥伝社 ISBN:9784396633462)
最初は
ちょっと これまでとは変ったのか
なんだか“毒がある”というか“下世話で俗っぽい”ような気がしたけど
三つ目のエピソードあたりから俄然と面白くなるなぁ
そこからは一気に進む
結局は ほんわりした気分にさせられてしまうから不思議
ちびっとだけ ボクも木暮荘で暮らしてみたいと思わされました
ふ~ 続きがあれば読みたいな...
じゃ
次は もう随分と積読の山に入りっぱなしの
「星間商事株式会社社史編纂室」(三浦 しをん 筑摩書房 ISBN:9784480804204)
これ 読みます!

去年
何度も忘年会があったような気がしたけど
今年はとんと声も掛からないと思っていたら
週明けの今日が職場の忘年会だとは 朝に職場に着くまで忘れてた
(行きしなの阪急の車内では 可能なら 早く職場を出て映画を観に行こうかとさえ思っていたのに...)
組織をまたいで 同じ業務をしているメンバーが集まって わいわいと...
ふ~む 名前も知らない人も多くいたけど
まずまず楽しかったかな

ボクが弱っていることも関係しているんだろうけど
このところめっきり外で飲むことが減っているし
お酒にも夜にも弱くなった
昼間や野外にはまだまだ強いつもりだけどね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-12-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by 釣り師 at 2010-12-23 19:49 x
煙たい焼き鳥屋に、焼酎のキープがありますよ、今(笑)。
今度行きましょか(笑)。僕も若い人と仕事でおつきあいするように
なり、抗州さんの悩みも少しはわかるようになりましたわ。
Commented by hangzhou21 at 2010-12-24 08:15
■ 釣師 さん へ

30日の詳細
なっちゃんが段取りしてくれて 決まりました!
また連絡します!

そういえば
寒くなってから煙たい焼鳥屋さんへ行ってません
ふ~む...

もっとも
最近は悟りを開いて もう悩んだり怒ったりするのはやめたから
まぁ そうたまってはいないけどね

明日のラジオNIKKEI
ハルカの息子 ナリタキングロード出ます
(これで 台北は堅いです!)


<< ■ 五里霧中 ■ いろいろ考える12月の日曜 >>