■ 籠もって読書三昧

少し前
asahi.comで紹介されていた小学生の作文
紹介しようと思いながら すっかり忘れていたら
職場の同僚が先にみんなに紹介していた
これが なかなか泣ける
いいお話しなので お時間があればお読みください(すぐに読めます!)
(asahi.comなのですぐにリンク切れしてしまうかな その場合は こちら

打合せなどでの外出がないので
移動時間が極端に短い割には
ぼちぼちと 新刊も新古も書店さんには顔を出していて
(おまけにネット上でもamazonなどを徘徊してるし)
本だけはついつい買ってしまい
一生懸命読んでいるけど 追いつかない
積読の山が高くなっていく...
そんな中
「錨を上げよ(上下)」(百田直樹 講談社 ISBN:9784062167000)
重いけど必死になって読んでる
最初は「???」だったけど 150ページを過ぎたあたりから俄然面白くなる
単車で旅に出て大暴れする件(くだり)は抱腹絶倒もの
しかし
男ってほんまにアホやねんなぁ...
まったく学習効果がなくて 同じようなことを繰り返してる
ボクはこのお話しの主人公のようなことを思っても行動は出来なかった
だから余計に面白いのか 羨ましいのか
とにかく ようやく上巻を読了
後半 どんなふうになるのか楽しみです

この「錨を上げよ」と一緒に買ってしまったのが
「韓国人の作法」(金栄勲 集英社新書 ISBN:9784087205664)
最近 韓国ネタから離れているしな
気楽に読めて面白そうなタイトルに惹かれる
「木暮荘物語」(三浦しをん 祥伝社 ISBN:9784396633462)
「MUSIC」(古川日出男 新潮社 ISBN:9784103060727)
上の二冊は新古書店さんで発見して 喜んで買ってしまった!

他にもリストアップしてるのが
「野宿入門」(かとうちあき 草思社 ISBN:9784794217769)
「撃てない警官」(安東能明 新潮社 ISBN:9784104027040)
「オトン、サッカー場へ行こう!」(吉崎エイジーニョ 新潮社 ISBN:9784103193319)
「オレもサッカー「海外組」になるんだ!!!」(吉崎エイジーニョ PARCO出版 ISBN:9784891947552)
「「あのころ」の日本映画がみたい!」(立花珠樹 彩流社 ISBN:9784779110832)
「コーヒーを通して見たフェアトレード」(清田和之 書肆侃侃房 ISBN:9784863850385)
「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」(河合香織 小学館 ISBN:9784093897242)
「心理検死官ジョー・ベケット」(メグ・ガーディナー 集英社文庫 ISBN:9784087606157)
幸いにして リストアップしただけで まだ買ってないけど
う~ 年末年始休暇は籠もって読書三昧といきますか!

そうこうしているうちに
もう何年も前に読んだっきり でも 心のひだにひっかっかっていて
もう一度読んでみたいなぁと思っていたけど
すっかり 作者もタイトルも忘れてしまった どないしょ!
という本をようやく思い出してしまった!
「フリッカー、あるいは映画の魔(上下)」(セオドア・ローザック 文春文庫 ISBN:416713621X)
これも 結構ツカのある上下組のお話しなんだけど
映画が好きな人にはたまらない めくりめくお話し
文庫が99年で単行本が98年だから 12~13年前に読んだのか!
もっともっと前に読んだような気がしてたんだけどな
どっちにしても 絶版ですぐに読めないのは ちと残念
(まぁ 本があっても すぐには読めないけどね)

なんと
11月は映画を一本も観ていない!
そうか~ あかんなぁ
それでも 久々に琴線に触れたのが「サンザシの恋」
監督はチャンイーモウで純愛もの難病ものとくれば 期待が高まる!
主演の女優さんは現役の高校生でかわいい!らしいので
「初恋の来た道」級なんだろうか!
(でもネットで調べて 大陸公開時のポスターを見てしまい やや冷める)
まぁ
日本でもいずれ公開されるでしょうしね
その際は 是非拝見したいものです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-12-06 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 夢見る PICK5 ■ 顔見世 >>