■ この秋はお米が美味しい!

ちょっと確認したいことがあって 書店さんに寄ると
なにやらぶっとい本が積まれている
どれどれと見てみると...う~
百田直樹さんの新刊ではないか!
「錨を上げよ(上下)」 講談社 ISBN:9784062167000
束がかなりあるうえに上下二冊組
ふ~むと思いながら
読むしかないと買ってしまう

読んでいるのは
「孤舟」(渡辺純一 集英社 ISBN:9784087713534)
この人の本を読むのは10年ぶり以上かな 久しぶり
結構売れていて 話題になっているし 書評に取り上げられているのも知っていた
でも全く読む予定は無かったんだけど
新古書店さんで見かけたので ついつい買ってしまう
果たして なんでこんなお話しが売れるのか理解できない
主人公もその奥さんもステレオタイプで... 中味も薄いしね
こんな年寄りにはなりたくないという反面教師としておきましょう
まぁ あんまりオススメしません「お暇ならどうぞ」って感じですね
(読むのはすぐに読めるけどね)


ところで
この秋はお米が旨い!
新米に切り替わってから“当たり!”が続いていて
親戚から送ってきた たぶんキヌヒカリを含めて全部美味しい!
広島に行ったときに買った 三次のコシヒカリ
徳島で買ったアワミノリ
北海道のゆめぴりか
どれもいいね
今年は酷暑の影響で作柄はもうひとつということだったけど
どうしてどうして ご飯がすすんで仕方ない
もちろん 品種改良や栽培方法の進化もあると思うけど
素直に農家のみなさんに感謝したい
こんな美味しいお米がいただけて幸せです!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-11-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 十一月のお昼 ■ プレイオフ突入 >>