■ ケセラセラ

それなりに生きていると
まぁ いろんなこがある

問題の根が浅くないだけに 下手に手出しも出来ないし
即効性のある解決方法があるわけでもない
そんな事案直面して 「どないしようかなぁ...」と考えて手をこまねいている
結局は 何も出来ずに静観していたら
全く別の方向から 勝手に事態が動き出して
何もしなかったゆえに いい方向で解決することがある
(こんなことは よくあるわけではないけど 少なからずあるものです)

変な言い方だけど
自分なりの結論は出しているけど
それを表明することで 責任を負わなければならないのはどうも... そんなところ
今でも 現在進行形で幾つかそんな問題を抱えているのだけど
そのひとつ
意外な方向から どう転んだとしても 決着が付きそう
なんだか キツネにつままれたような 妙な気分だけど まぁそれもいいかと思ってしまう
結果はどう出るかわからないけど
案外そんなものかもしれない
そうすると 下手に悩んでいるのは やっぱり損なのかな?
“ケセラセラ” 何事もなるようになるんですね この世の中!


先日
W杯の勝敗予想で活躍したタコのパウルくんが昇天されたと報道されていた
「そんなこともあったなぁ」と思う たった数ヶ月前のことなに
すると
ナビスコカップの決勝戦を控え
その勝敗を相模湾で水揚げされたタコの“源さん”に占わせたらしい
するとこの源さん 実によく出来たタコで 躊躇なくサンフレの壷に入ったらしい
ほんまに イイ奴です はい

金土日と東京にいたのに 水木ともう一度東京
今回は全くのプライベート
ハイキング倶楽部の例会も何のその
次回はいつ巡ってくるのか予想も出来ない サンフレのタイトルマッチ!
何があっても そりゃ駆け付けなければアカンでしょ!
もちろん
その結果は“ケセラセラ”だけどね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-11-02 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 国立哀歌 ■ 冬の小鳥 >>