■ 手近な本

c0067706_6405047.jpg


先日
北九州からの帰り道
小倉から新幹線に乗り 関門海峡をくぐったかと思うと ず~っと夢の中
レールスターのサイレンスカーだったせいかな 自分でも驚く
途中 何度かは目覚めたけど 六甲トンネルを出るまでほとんど寝てた
その前日の在来線の車内のこともあるし
「春眠暁を覚えず」が“秋”眠になってしまったみたい
あの夏の暑さから来る疲れ まだ尾を引いているのかな?

おかげで
出張にあわせて持参した本がさっぱりと読めなかった
でも
その割には ちびっとは読んだかな(週明けに奈良へも行ったしね!)

「ぼくは悪党になりたい」笹生陽子 角川書店 ISBN:4048735357
(角川文庫から文庫版も出てます ISBN:9784043790029)
なんか表紙のイラストに誘われて買ってしまったのよね(もちろんブックオフ)
このイラスト ペドゥナ主演の「ほえる犬は噛まない」のポスターに良く似てる!
まぁそれだけの理由だったんだけど
「ぼくらのサイテーの夏」(講談社文庫 ISBN:4062750155)の作者とは知らなかった
なんだかよくわからない 毒にもクスリにもならないようなお話し
キャスティングによっては映画やTVドラマになっても良さそうだけどね

「先生と僕」坂木司 双葉社 ISBN:9784575235999
こちらも何となく表紙の図柄でブックオフで買っていた
ほんわかとした推理連作集 殺人事件なんか起きません
ちょっとユルいかな まぁ これも毒にもクスリにもならないようなお話しですね
子供向きのドラマにはなりそうな気もしますが...
お話しの中で“宿題”と称して古典のミステリーが紹介されています
そっちを「読んでみようかな」という気にはさせられますよね
ひょっとしたら続編もありなのかな?

もうひとつオマケに積読本から手に取ったのは
全くの無意識だったのに
なんと「サンネンイチゴ」笹生陽子 理論社 ISBN:4652077491
(角川文庫から文庫版も出てます ISBN:9784043790036)
まぁ こんな偶然もあるねんなぁ びっくりしました!
(選んで買ったのは自分なのに!)

この程度の本って
ブックオフで買う前によ~く調べないと
もうすでに文庫化されていることがあって
文庫を新刊で買う方がうんと安いから要注意ですな
はい

本当はすぐに読みたい本があるんだけど
それがどこにいったのか発見出来ない!
仕方ないから 手近な本を持っていってしまうねんなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ どうなっているんだろう? ■ ぴあ >>