■ ぴあ

先日
天六あたりを歩く機会があって
ふと見ると ホクテンザに「休館しました」という貼り紙...
そうか~知らんかった!
貼り紙によると7月からお休みしているらしい
(下のユウラクザはまだ映画を上映しているみたいだけど...)
そう頻繁ではなかったけど 何度も観に来た
中国映画の特集とかも上映してくれたし
特に韓流の真っ只中 韓国映画の特集もあったねぇ
チケット屋で700円くらいで招待券を売ってるのがありがたかった!
決してキレイでもなく居心地が良いわけでもなかっただけに
なんとも云えないけど
このまま休館⇒閉館となるとすると やっぱり淋しい

また
環状線に乗っていたときに目にしたのが
動物園前フェスティバルゲートの取り壊し
ここの売却は難航していたみたいだけど買い手が決まったのかな?
この建物の中にあったシネフェスタ
ここにはよ~く通いました!
いつかは再開されるかもと淡い期待を持っていたけど
ビル自体が壊されているのを目の当たりにすると
やっぱり心が痛みます はい
すると
新聞に載っていたのが
泉の広場を上がったところの梅田ピカデリーも近々閉館というニュース
とほほ...
ここもそう頻繁に利用していたわけではないけど
これも時代の流れなんでしょうかね
ボク自身もここ数年 スクリーンで観る本数 激減してるしなぁ

そんなことを思いながら
書店さんの店頭を眺めると
クリーム色の表紙で新しい「ぴあ」が並んでる
どれどれと確認してみると やっぱりこれが“最終号”
今までどれだけこの紙媒体のぴあのお世話になったことか!
(その割にはここ数年は全く買いもしなければ手に取りもしなかったけど)
これも時代の流れと云ってしまえばそれまでだけど
こういう情報誌って消え去る運命なのか...
(ここでプガジャやLマガを出すと 年齢がばれるのでやめときます)
今は趣味や興味の対象がピンポイントになっているから
情報誌という紙媒体ではなく ネットで探してしまうねんな
すると
興味の対象の新しい情報が必要なだけ(ただで)手に入るんだけど
でも 実はその横にあったであろう他の情報が目に入ることはない
新しい刺激に触れるチャンスを逃しているのも事実かな
せめて
“最終号”くらいは買ってみようか
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 手近な本 ■ 味噌醤油 >>