■ 意外な手応え 生駒山

先週の武奈ガ岳に続いて
今週もハイキング倶楽部の例会 生駒山

秋の早い夕暮れ
奈良での用事を終えて近鉄で帰る道すがら
生駒のトンネルを出て 石切あたりから見える大阪平野の夜景
それはそれはキレイで なんだか得をした気になるんだけど
今回はそれを自分の足で歩きましょうという企画

ピークは600mほどだし
あんまりハイカーからも人気がないみたい
そんなこんなで ほんと ピクニック気分
実際 お誘いする紹介の文章もそんな感じだった
しかし お山は舐めてかかってはいけない
想像以上に懐が深くって 厳しいとまでは言わないけど 手応えありました!
ふ~む 生駒山恐るべし!

実は
参考になるコース地図がなく
事前に概念図をアタマの中に叩き込んでいたんだけど
集合場所の近鉄「額田」駅の改札に 詳細で丁寧な地図が用意されていて
ほんま助かりました!

面白いのが 途中と山上遊園とのギャップ
なんだか変な感じでした
上空はまずまずだったのに 見下ろす大阪平野は霞んでいて
もう少し寒くなって空気が澄んだ風のある日に再訪しよう
(今度はしっかりフンドシ締めてかかるからね!)
ツバキが多い山なのでそれも楽しみ
今年はいつまでも暑いから 拙宅のサザンカもつぼみがちっとも膨らんでいないのに
山の中では一本だけ咲かせている
サザンカやツバキの花が楽しめる季節に入ったんですね

参加者はボクも含めて4名と やや淋しかったけど
かなり久々に参加してくださった方もあり 嬉しかった!
新しい発見に満ちた楽しい山行となりました
やや疲れ果てて下山
「元山上口」駅近くの“かんぽの宿信貴平群荘”の温泉らしくない温泉でさっぱりして
鶴橋でサムギョッサルというアフターコース付き

次回はどこを歩きましょう?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 北九州をうろうろと ■ 秋の夕暮れ >>