■ 帝国主義

追い詰められているけど
昨秋のように
お尻から煙が出ていたり 背中が燃え盛っている ということはない
それよりもむしろ 自分の案件はほとんどなくて
他のところの消火作業やボヤが出てないかのチェックで 気が休まらない
(これなら 自分が燃えている方がよっぽどラク!)

それもこれも
とにかく10月1日を目標に進めていて
なんとかかんとか数字も合ったし 納期もカッコが付く
もちろん 内外に多大なる迷惑を振り撒いての結果
ビジネスの枠をはるかに超えてご協力いただきました皆さん
“ありがとうございました!”
ただただ感謝するしかありません!
若いのも連日連夜にわたっての残業や休日出勤ご苦労さまでした!
ひとまずピークを過ぎて
すぐにラクになるわけではないけど よ~く頑張ってくれました
いろいろあったけどね

こうして
終わりが見えてくると
ほっとした気分半分 ちびっとさみさも覚えるんだから
不思議なもんですね
(しみじみ...)


き~っ! となっていたので目を離していたけど
ギクシャクしている日中間
どんなふうに推移するのか見ものだけど
処分保留のまま釈放はイカンでしょ
せめて 略式起訴をして国外退去
そうしないと 何のための逮捕拘留だったのかわからない
今まで 北方海域でどれだけの船長や船員がロシアに拿捕されことか...
日本は甘ちゃんだと舐められてしまったから
「謝罪と賠償」なんていう発言が飛び出してくる

このごろの中国を見ていると
「帝国主義」とか「覇権主義」という言葉を連想してしまう
これらの言葉を否定するところから「共産主義」はスタートしたのだと思うけど
結局 たどり着いた先は一緒だったってことなのかな?
今後の推移を見守りたいです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ いざ日本平 ■ 秋 >>