■ はり重のビーフカツレツ

相変らずの熱帯夜続きだけど
このところたっぷり寝て元気回復!
1~2週前のことを思うと 急速に体力回復してます
(う~ 開き直ってしまったからかな?)

まずはご報告
スポニチの「はくぼで大逆転」とうとう的中
しかしなぁ...
一番人気で 三連単がたったの1,050円
本線で推薦とは云え これ当てたところで“大逆転”はしんどいな
ハズレよりはいいけど まぁ これなら“マシ”という程度
気合を入れて買ったこの小倉の最終よりも
「松岡くん人気ないな」と さらっと買った新潟のメインの方がプラスが大きい
仕方ないけど ほんまどうにかしてや!
これで 次週から始まる秋の仁川開催
ここでもこのコラムを追いかけることにしましょうか...

今日も職場に出て
予定していた仕事をモクモクとこなし 上本町へ
新歌舞伎座の柿葺落公演 夜の部へ行ってきました
綺麗なのは新しいから当たり前だけど まず それが嬉しい
それに 安い三階席だけど 舞台が近いのがいいね
(花道がほとんど見えないけど まぁ それは仕方ない!)
全体にいろんなところに余裕があって ぎゅうぎゅうと押し込められた感がないのがいい!
ただ ロビーに全く品が無いのが残念
それに 地下や1階からのロビー(6階)までのアクセスに難あり
特に帰りは集中するから 余計にそう感じました

もっと哀しいほどガラガラかと心配してたけど
一ニ階は9割以上入っていてほっとしました
でも 三階は3割ほどかな 淋しかったですね
松竹の直営館(松竹座や南座)なら 安い席から埋まるけど
ここは「折角やったらええ席で観よか」という一見のお客さんがほとんどなのかなぁ
もっとも 一階は15,000円と三階の三倍もするから
三階が埋まってなくても 新歌舞伎座としては まぁええのかな?

夜の部だからBプロ
「太閤三番叟」
「口上」
「連獅子」
「黒塚(くろづか)」
澤瀉屋さんの連獅子は 他の連獅子と少し違うんだ
前半の狂言師のくだりは楽しい
後半の石橋は 台の数が三つなんですね
「黒塚」は能に題材を取った演目なんですが
ちょっと難しい イヤホンを耳に挟んでいても難解だったなぁ
味わい深いのだろうけど 地味で柿葺落公演にはややそぐわないような...
来年も ここ新歌舞伎座で歌舞伎の公演がありますようにと願いつつ
やや疲れながら 一階までエスカレーターを 押し合いへしあいしながら乗り継いで降りました
(ほんま このアクセス 難ありやね!)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-05 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 自転車 ■ いきなりパンサーズ! >>