■ 雪屁を踏み抜く

お盆休み(8/12~15予定)があることだし
どこかを歩こうかと
ネットで地図上を散歩する
(これはなかなか気分がいい!)
ある程度高さがないと涼しくないからイヤだし
あまり厳しいコースだとしんどいし
家からも遠くない方がいいなぁ なんて考えると
実際には範囲はぐっと狭められてしまい
あんまり夢も見られない
ムリをして遭難しても洒落にならないし 難しいところ
大山? 伊吹? 小女郎峠? それとも 氷ノ山? 段ケ峰?
山頂からの展望は効くけど 森の中のコースがいいしなぁ...
急いで決めることもないので
いろんな資料をあたりながらゆっくり決めることにしましょう

先日
トムラウシの遭難事故から一年という記事を目にしたと思ったら
秩父で救助に向かったヘリが墜落する事故
日高の幌尻岳でも死亡事故
荒島岳でも行方不明者(結局遺体で発見されたみたい)
秩父ではヘリ墜落の追い記事を取ってたTV局の方も死亡するという痛ましさ
これらの事故や遭難をひとくくりにする気もないし
無茶とか無知とか無謀だとかは思わないけれど
こうも続くとどうなのかと考えてしまう

最近はハイキング倶楽部で歩くことも増えたけど
基本は単独行が多いだけに
ボクも一歩どころか 半歩間違えれば遭難するリスクとは背中合わせ
年齢も充分中年と分類されるしな
ムリはしていないつもりだけど 油断もスキもあるのが実情
今までは単にウンが良かっただけかもしれない
(何年か前の岩木山の谷で雪庇を踏み抜いていたら...)
いや 甘い判断で パーティで遭難する方が大変だな

山歩きは
手っ取り早く開放感と達成感が味わえて
苦しいけど楽しくて気持ちいい
難しいもんですね
経験もそこそこ 装備も技術も判断も...
でも 実際はなかなか
歩くのは本人だもんね
やっぱり ネット上の地図で散歩するのが一番なのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 少年少女 ■ 既視感 >>