■ 既視感

久しぶりに取材
場所は京都の大久保
「大久保って何処ですか?」って感じだけど
京都府南部の宇治市なんですね
近鉄の西大寺で乗換えか
京阪で行って丹波橋か
東西線(学研都市線)で京田辺で乗換えかな~なんて考えて
乗り換え検索で調べてみると
なんと“新快速で京都まで出てそこで近鉄に乗換え”と出た
う~む この発想は無かっただけにびっくりした!
確かに時間は1時間を切るくらいで 料金も数10円しか変わらない

近鉄大久保駅
改札を出ると初めて降りるはずなのになぜか既視感が...
待合わせたライター カメラマン クライアントの方と落ち合って歩き始めると
「この交差点の先 暖簾のかかった旧家を改造した風流なカフェが...」と思い出す
すると
信号待ちした交差点先 確かに 記憶の底にあったお店がそこに見えた
きっと 何かの仕事でこのあたりに来たのだろうけど
それがいつ頃でどこの仕事であったのか さっぱり思い出せない...
う~ すっかり記憶力が衰えている(もともと物忘れが激しいんだけど)
きっと ミョウガの食べすぎだな うん

もっとも
この素敵そうなカフェ
遠くから眺めただけで寄ることも無くトンボ返りだったんですけどね
(前回はすぐ前を歩いて通り過ぎたような気がするけど...)
お店の名前は「えん」です
次回があるかどうかはわからないけど
あったら ランチしてみたくなってきました!

で 取材
ボクがこの世界に入ったときにいらっしゃった先輩に似てる
多くの人に好かれそうなおにぎり顔の風貌にエネルギッシュさ
ひと目で「この子は活躍してるな」と伝わってくるナイスガイでした
だから 言葉のやり取りを楽しみながらのインタビューも進んで
ほっとしました
しかし
最近 取材やインタビューという現場から離れているので
上手く舌がまわらなくて ちびっと反省です
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 雪屁を踏み抜く ■ 船弁慶 薬師寺 >>