■ 「中の下」の人生

前回のサラリーマン川柳
発表会があって
発表会でのパフォーマンスが秀逸だったせいか
いい線に行って良かったです
こんどからは川柳 もうちょっと真面目に取組んでみようかな?


次回は本の紹介だそうだ
ふ~む
若いのは本を読まないからね
ビジネス書と小説(このジャンル分けもどうかと思うけど)
ボクのチームから出て来た書名を見て ふむふむとは思わなかったけど
なんとも即物的なタイトルの多いことよ
まぁ 売るほうも読むほうも 即効性を求めてるんだから仕方ないか
無難な線でまとめることにした 対象も若いしね

ボクの推薦は絞りきれなくて
26冊にもなってしまったんだけど
どの本を選ぼうかと考える作業 それなりに楽しかった
あんなお話しこんなお話しあったなぁ...
ただ この26冊のほとんどが 今の若いのとはシンクロしていなくて
それはそれで残念でした う~む...

思い出して調べてみると
「川の底からこんにちわ」この日が最終日
しまった! 前売を買ってしじみの手拭いを貰おうと思っていたのに!
レイトは1,200円だから 前売買わなくて助かったんだけど
30分ほど前に着いたのに 整理券の番号が40番台なのには驚いた!
結局 ほぼ満席でしたね
お話しそのものはたいしたことなくて
どうもキレがないように思えました
でも 主人公の女の子もどこかにいそうだし セーターを編む課長もそうだよね
閉塞感漂う中で「もうするしかない!」という開き直りしかないね
ただ もう少し前なら 佐和子は課長を捨ててると思う
もう「強い女」はトレンドからズレているということでしょうか
そんなことを ふと思ってしまいました
主演の佐和子演ずる満島ひかり かわいいお嬢さんですね
ぶかぶかのパーカーが似合ってます
どこかで見たことあるような気がすると思って頭をひねっていたら
きっと わかかりしころの女子大生の母さんはこんな感じだったのかな? と
(まぁ これは一度ご本人のご意見をお伺いする必要がありますが...)
よっしゃ
近いうちに 暑気払いで「土用しじみ」ですな
[PR]
by hangzhou21 | 2010-07-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ようお参り! ■ 夏の雨 >>