■ 岐阜ニ題

今まで岐阜へお邪魔したのは
サンフレの応援に長良川スタジアムへだけ何度か行っただけ
想い出はスタジアムの風景と 途中の園芸店でツバキを買っただけ
何もない地方都市のひとつだと思っていた

今回は歌舞伎の巡業を観に行く
事前にいろいろ調べてある
中央郵便局へ寄ってから 蕎麦屋とカフェへ
蕎麦屋はまぁ そう感動も無かったけど カフェが良かった
古い洋館を改造した「左岸・さがん」
静かでいい感じ
じっくり真夏の昼下がりを漂わせてもらいました
店名からサガン鳥栖のサポーターにも喜んでいただけそうですね
う~
こんな街並みが残っているのなら もう少しいい季節にもう一度岐阜の街を歩いてみたい
とにかく 岐阜は多治見や各務原やら 日本で一番HOTな地域やしね

巡業は 夕方の部
・雨の五郎
・仮名手本忠臣蔵~一力茶屋の場
・近江のお兼
1,000人ほど入る岐阜市民会館大ホール
一階もかなり空いていて 二階はちらほら程度 かなり淋しい
(みなさん 折角なら 昼の勧進帳をご覧になりますよね!)
それに ず~とおしゃべりしている人たちや
ケイタイの呼び出し音は鳴り響くし おまけにケイタイに出て喋り出す人も...
これではあんまり!
岐阜の街は良かったけど 観劇の質は最低!
こっちも 少し撃沈してしまった
もうひとつ難を云うなら
台詞がかなり聞き取り難いホールです(それとも 高麗屋さんも疲れていたのかな?)


渋滞を恐れて
素早く出発 ボクの陶芸の師匠岡崎さんのところへ寄せていただく
前回は例会の帰りに突然お邪魔したんだった
静かな工房で 冷たくて美味しいお茶をいただきなかがらお話しをする
こういう 時間と場所を持てるボクは幸せ

前夜は
普通の神経をしていると
とってもじゃないけど眠れないような蒸し暑さ
熱帯夜をはるかに凌駕していたのではあるまいか?
でも
お山を歩いて山水の行水で体幹から冷やしたせいなのか
それとも 単に疲れと寝不足のせいなのか
扇風機だけでぐっすりと寝入ってしまった(オマケに朝まで目を覚まさなかった!)

相変わらずの猛暑だけど
岡南も岐阜もいい感じでした
[PR]
by hangzhou21 | 2010-07-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ もうすぐ“おのぼりや~す!” ■ 盛夏の扇ノ山 >>