■ 棒しばり

きっぱりと真夏になったのはいいけど
ここ数年
すっかり“ノー・エアコン・デイズ”を実践している関係で
がっくしと読書量は落ちてしまう...
それも 仕方ないね

「きのね(柝の音)(上下)」 宮尾登美子 朝日文芸文庫 ISBN:4022640588
とうとう読了
魅せられました
少し前に読んだ「傾く滝」(杉本苑子 講談社文庫 ISBN:4061836188 品切中)と併せて読むのがオススメ
ボクのような 歌舞伎の入門者や初心者には格好のテキストになりますね
ある意味 その世界に浸れて夢見心地で読みすすめられます
もちろん 歌舞伎に全く興味の無い方でも楽しめます
(きっと 歌舞伎を一度は観ようかという気になると思うけど...)


次は
「ヒルクライマー宣言」 高千穂遥 小学館101新書 ISBN:9784098250813
この人 何処かで聞いたことがあるような...
昨秋に読んだ「ヒルクライマー」(小学館 ISBN:9784093862479)の作者でしたね
読むと
間違いなく 自転車に乗ってみたくなります
“乗る”のではなく 大枚をはたいてでもバイクを買って ヒルクライムに挑戦したくなる!
でも いろんな理由でボクには難しいかな~
いつかは 挑戦したいと思うけど でもそれが何時になるのかは判らないけど
今回勉強になったのは 有酸素運動と無酸素運動
ふ~む 無理矢理激しい運動をしてもアカンねんなぁ...


松竹大歌舞伎の巡業 中央コースは
音羽屋さん(菊五郎)一座で アマ(尼崎)のアルカイックホール
ここには始めて来たけど いいホールですね
この三連休 遊び過ぎて疲れていて ずいぶん撃沈してしまったけどね...
廓三番叟(くるわさんばそう)
一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
棒しばり(ぼうしばり)

「棒しばり」の菊之助と松緑が楽しかった
次回はこの土曜に 巡業の東コース
岐阜まで遠征します
その次は 何故かキャンセル待ちで取れてしまった 薬師寺の「船弁慶」
本当は 勘三郎さんチームは 赤坂歌舞伎も拝見したかったけど
すっかり出張も縁遠くなってしまったしね 仕方ないです
その前に 薪車さんの「船弁慶」に行くかもしれません

アマから戻り 夕食を済ませてから
湯の華廊へ出かける
気持ち良かった~
ほんま ほとんどおっさんです はい!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-07-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 茗荷 ■ 宇品で温泉 >>