■ 新聞会

若いのを相手に
火水木の朝に続けていたその朝の新聞を読み合わせる「新聞会」
(月の朝はチームのミーティングあって 金は別の人の主宰)
そろそろ忙しくなって来たこともあって 6月一杯でいったん終了
断続的だけど 二年か三年続けてきていた
でもボクにはフラストレーションが溜まっていた
それは この春に新人の配属が無かったのが大きいのかもしれなけど
(きっと それだけではないと思うけど)
ボクにとって 刺激的ではなくなっていたからかな

そもそも
若いのたちがあまりにも世間知らずで
自分が世間知らずという認識がないがゆえに
新聞を読んで世間を知ろうという努力もしない
(ニュースはネットやケイタイへの配信で十分と言う認識)
そんな姿勢に業を煮やしてスタートした新聞会だったけど
指導が悪かったのか 素質が無かったのか...
所期の目的さえもさっぱり達成できなかったなぁ
最初の頃は目新しくて面白くて刺激に満ちていたけど
今となっては 新聞を読む姿勢に 義務感が色濃く
ボクが期待している「成長」とはほど遠かった
それはそれで大きな反省点でもあるけど
表面的で浅くてもいいし 素朴でもいいから 面白い観点や疑問を披露して欲しかった
そう思うと 若いのからの発言や質問が物足りなかったな
案の定
新聞会がなくなれば もうすぐに新聞を読まなくなっている
淋しいもんです

最近読んだ何かの本に
日経の経済欄ばかりを読んでいても駄目だと書いてあった
「なるほど」と思った
各企業の施策や業績の発表 それはある意味結果や結論であって
そんなものを追いかけていても視野の深さや広さは養えない 近視的な発想なわけだ
そうではなく 舵を切る政治や世界情勢に眼を向け
これからを自分のアタマで予測し予想しないと意味が無い
そのためには 1~4面をしっかり読み込む目が必要となる
すると「~だから、こうなる(のではないか)」という考えや視野が身に付く
ふ~む そうなんだなぁ

新聞を読む
それは即効薬の側面もあるけれど
やっぱりそれは一面にすぎないのとちゃうかな
知的欲求や教養を時間をかけて満たすという側面も少なくないはずだけど
でも
そのためには 少なくとも2~3年はじっくり目を通す必要はあるやろなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-07-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ あゝ 蒲田行進曲 ■ 巡業 >>