■ 昼夜通し

七月の松竹座
「関西・歌舞伎を愛する会 結成三十周年記念」の“七月大歌舞伎”
今後のスケジュールの関係もあって
少しもったいないけど 昼夜通しで楽しんできました(疲れた~!)
(もちろん 三階の三等です)

七月大歌舞伎(松竹座)
昼の部
・妹背山婦女庭訓 三笠御殿
・大原女 国入奴
・御浜御殿綱豊卿
夜の部
・双蝶々曲輪日記 井筒屋・米屋・難波裏・引窓
・弥栄芝居賑 道頓堀芝居前
・竜馬がゆく 風雲篇

いいところは仁左衛門さんと染五郎が持っていくんだけど
ムチャクチャ頑張っていたのが孝太郎
うん
ほぼ出ずっぱり 多彩な芝居をしっかり演じてました!

夜の部
「竜馬がゆく」は歌舞伎ではなく新派の芝居のようだけど まずまず良かった
松次郎がしっかりと大役・三吉慎蔵をつつがなく好演 良かった~!
「双蝶々曲輪日記」は「相撲場」と「引窓」は何度か拝見したことがある人気の演目
今回 通しで演じていただいたおかげで
「引窓」までの背景がしっかり理解できて良かった
ほんま こんなに奥行きがあるお話しだったのね...
いつもながら 最後はホロっとさせられてしまいました

昼の部
「妹背山婦女庭訓」は春に文楽劇場でやっていて
行こう行こうと思いながら見逃してしまってんけど
こんなお話しだったのね!
おちょくられてしまう役を孝太郎さん 本当に巧くて感激しました
こんな ちょっとかわいらしい役が似合います
「豊綱卿」は仁左衛門さんと染五郎の緊張感が漲った台詞のやりとりがいい
堪能させていただきました!

高嶋屋左團次の出番が少なすぎるような気もしたけど まぁ仕方ないか
澤瀉(おもだか)屋さんチームもしかり 春猿さんの美しさは光っていたけどね

まだまだ歌舞伎は奥が深くて ほんまに飽きません
思い返せば 昨年の七月公演でシスティーナ歌舞伎のチラシを貰ったんだけど
今回は“大阪平成中村座”のチラシを入手
大阪城公園で10月11月と二月の公演のようです
う~
楽しみです!
(チケットが取れるのかどうかが心配だけどね)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-07-10 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 柳谷 ■ セミの音 >>