■ 珍道中

時には思い出したようにアジアを歩いているんだけど
幸か不幸かあんまりトラブルには見舞われていないねんなぁ
そんな中でも 一番は
韓国の雪嶽山(ソラクサン)の山頂で拘束されかけたことかな
もう帰れないかも... とそんな思いが一瞬よぎったものの
最後は 筆談で「罰金100万ウォン!」とかどやされつつ笑って許してくれた
空港にピックアップをお願いしていたホテルのマイクロバスが来なくて
カンカンになって怒ったのも江原道のことでした...
このときは親切にも隣のホテルのバスが送ってくれたし 結局 部屋をアップグレードしてくれました
中国の武漢でも迎えのバスが欠車して
うろ覚えで真夜中の路線バスを乗り継いでたどり着いたことがあったなぁ
この街への訪問が二度目だったことがラッキーでした!
(その当時の中国の路線バスは 室内灯なんてなくて車内は真っ暗で怖かった!)
ホテルに戻るタクシーがやたらと遠回りをしたせいで 怒り狂って料金の支払いを拒否したのも武漢でした
香港では頼んでおいた広州への航空券が手配出来ていなくて
フロントで暴れたら 行きは火車 帰りは汽車の切符をすぐさま手配してくれました
(今ではカンタンに自分で手配出来るのにね)
もちろん 怒ったり暴れたりしたことばかりではなく
毎回 数知れないほど多くの人の親切と好意に甘えて旅をさせていただいてます

不思議と モノをなくしたり盗まれたりという経験はなくて 大事なものを落としたこともないような
これって 単にウンがいいだけなのかな?
腹巻式の貴重品入れは使ったことがないというか 持ってないしね
台北で空港バスの乗り場が判らなくて 重いスーツケースを延々転がして歩いて 夫婦ゲンカになったこともあったけど
まぁ これはトラブルとまでは呼べないか
前日に買おうと思っていたお土産をどんなに探しても翌日は見つけられなかったり
ラジオを買ったら 日本では電源も入らなかったこともあったけど これはご愛嬌かな
お腹を壊したり 全然予想もしていなかった料理が出てきたりと
ハプニングや失敗 そんなももは数知れず

もっとも
最近では
行き当たりばったりなんてことはなくて ホテルはちゃんと予約しているし
そもそも 知らないとかはじめての街へ行くこともないもんなぁ...
根性が無いので まぁ 仕方ないか
それに 日本以外のアジアでは危なくてレンタカーなんて運転できないしね

何だかんだと云って
年中いろんなところへ出掛けて行っては
世界中に愛想を振りまいているMM
今回はイタリアでどんな珍道中だったのでしょう
とにかく 生きて帰ってきてるみたいなので 土産話しが楽しみ!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-29 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 泣くな駒野 ■ ゴシック・ミステリーって何? >>