■ 身代わりカエル

若いのが重い結膜炎で三週間ばかり続けて休んでいる
金曜に医者からの許可が出て ようやく週明けから出勤できるとのこと
別の若いのも眼をひどく充血させていて 金曜に医者に行くとそのまま半休
う~む
ということで ボクは大丈夫だけど こりゃお祓いでも必要かなと ネットで調べてみると
長岡京に目の病気にいい神社があると出た 京都市内にも幾つかあるみたいだけど
せっかくだから脚を延ばしてみようともう少し調べると...
湖北の木之本に「木之本地蔵」というのがあり 目の病気にご利益があるそうだ
北陸道の木之本ICからも遠くないし ちょっとそ~さんと一緒に行ってみることにした

「身代わりカエル」という片目をウインクした陶器のカエル
本殿右手の仏像の足元やそこいらにうず高く並べられて(奉納されて?)いる
その数は圧巻!
その昔
池に棲むカエルが目を患った旅人に片目を与え旅人は無事に旅を続けた という言い伝え
今でも この池に棲むカエルは片目をつむっているとか...
なるほど!
眼病平癒祈願をして ぶっとい線香に火をつけても奉納
奮発して大きなお札 そしてお守りと「身代わりカエル」をいただいて来ました
これで 職場から結膜炎も退散してくれることでしょう!

木之本
宿場と言うかこのお地蔵さんの門前町だったのか
古い街並みが残り 生憎の雨模様でしたがなかなか風情がありました
昨秋にお邪魔した 愛媛の内子のような感じかな
きっとこの街にもかつては芝居小屋があったのでしょうか 今でも残っていたらいいのに...
駅前には芝居小屋ではなく 明治39年に建てられ滋賀県最古というレトロな図書館がありました
その後
敦賀に抜け 三方でうなぎをいただいて 小浜から舞鶴道に乗りました
まるで台風が近づいて来ているかのような風と雨 そんな天気がね 残念
知らなかったけど 若狭は梅の産地だそうで いろんなところで 梅干や梅酒を売っていました
敦賀のスーパーでは 福井産のイクヒカリとアキサカリという はじめて見る品種のお米を購入

湖北や若狭は今まで何度かしか行くことがなかったけど
案外近くて いいところ
気候がいい頃にまた行きたいですね
また 敦賀と小浜で郵便局に寄ったけど 残念ながらフォルムカードは売ってくれませんでした
土日の扱いは同じ「ゆうゆう窓口」でも局によって全然違うのは困ってしまいます はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-26 20:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 長期放牧決定! ■ クチナシ >>