■ 若さに理由などさほど必要ない

ムリをすれば神戸着の最終に間に合わなくもないけど
Dホテルで連泊
渋谷から駆け足で戻り ビールをコンビニで仕入れてからシャワー
グビグビやりながら オランダ戦を応援
そういえば 渋谷にはサムライブルーを身にまとった若者がぎょうさんいたなぁ...
やや不運な失点を目にして急にテンションが下がり そのまま夢の中へ
途中 目が覚めてTVを消した気もするけど
自分としてはびっくりするくらい遅くまでぐっすり寝てた

説明が多いとうっとうしく思うのに
それが無いと 背景が理解できなくてイライラする
そのへんが難しいと思う
シャンテで「闇の列車、光の旅」を観る
物足りないとも思ったけど 若さに理由などさほど必要がないのだとも思う
ちょっとした理由を背負った二人が 困難な状況下で出会うだけのお話し
それでいい
メキシコってさほど広い国ではないと思っていたけど そんなことはない
鉄道はまるで移民列車の様相で走るのだとも知らなかった
そして チンピラともギャングともつかない一味が街を闊歩しているのか
ラスト
スマイリーは刺青を入れ 甥はホンジュラスに戻り サイラはテキサスから電話をする
上手く説明出来ないけど 若い人が観たら何かを感じられるのではないかな
(その割には 若いお客さんはほとんど居なかったけどね)
捉え方によっては 東映のヤクザ映画みたいだけど...

もって行くのを忘れたり 順番抜かしされたりで
なかなか読み終えられなかった
「坂東玉三郎」 中川右介 幻冬社新書 ISBN:9784344981706
ようやく読了
判断が難しい本だと思う
冷静になれば「この筆者は玉三郎をこういうふうに見ている」のだとわかるだけ
背景も含めて見てみれば 歌舞伎の世界をほんの少し掴めた そんな気もする
面白くはないけれど 時間はかかったけど読んで良かったと思う

仁川に競馬が帰ってきているのに臨場出来ず
釣師さんにムリなお願いをして
スポニチ関西版のコラム「ミスターXの最終一発逆転」の買い目をメイルで教えてもらう
(ありがとうございました!)

土日ともハズレ
前の京都開催も8日ともハズレだったしなぁ... そろそろ見限るかな?
来週は宝塚記念
釣師さんも行くと言っているから 出陣しようか
函館も始まって“はくぼ”も開催中 36レース参戦やね
しかし
じめっとした梅雨も本番
沙羅双樹は七輪咲いていた
遊んでしまったから 明日からの一週間
長~い一週間になってしまいそうな気がするな
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-20 20:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by 女子大生の母 at 2010-06-25 22:12 x
宝塚記念がんばりましょう!
よろしくお願いします。
Commented by hangzhou21 at 2010-06-27 06:56
■ 女子大生の母 さん へ

おはようございます
今日はガッツリいただきましょう!
こちらこそ よろしくお願いしま~す!


<< ■ レース! ■ 歌舞伎をハシゴ >>